ニコン、Z マウントシステム対応の標準ズームレンズ『 NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S 』を4月に発売


株式会社ニコンは、「ニコン Z マウント」を採用したフルサイズ(ニコン FX フォーマット)ミラーレスカメラ対応の、高性能標準ズームレンズ『 NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S 』を2019年4月に発売する。価格は、305,500円(税別)。

『 NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S 』は、FXフォーマットで広角24mmから中望遠70mmまでの使いやすい標準域の焦点距離範囲を、明るい開放F値2.8一定でカバーする標準ズームレンズ。NIKKOR Zレンズにおいて新たに設定されたグレード「S-Line」に属する高性能レンズで、ニコン独自の設計指針と品質管理を高い基準でクリアーし、特に高いレベルで光学性能を発揮する。

また、開放F値2.8ならではの大きく美しい自然なボケを実現。シーンを選ばず、ポートレートから風景写真まで高い描写力のある画が撮影可能。

内径55mmの大口径「Z マウント」とフランジバック16mm の組み合わせにより、優れた光学性能と小型・軽量化の両立を達成。フォーカスブリージング時の画角変化の低減や静音化など、動画撮影時に効果的な性能も備えている。

 

 

主な特長

  • 幅広い撮影シーンに対応できる使いやすい標準域をカバーする、広角24mmから中望遠70mmまでの焦点距離範囲
  • ズーミングによる露出変動がない、焦点距離範囲全域f/2.8で一定の開放F
  • AF駆動系に新たに「マルチフォーカス方式」を採用し、近距離を含むすべての撮影距離で高い結像性能・解像力を達成
  •  ズーム全域で撮像面から0.38mの短い最短撮影距離
  • EDレンズ2枚、非球面レンズ4枚を採用した光学系による、絞り開放から、画像最周辺部までの高い解像力
  • 新開発の「アルネオコート」や、「ナノクリスタルコート」など、ニコン独自のコーティング技術を組み合わせることで、ゴースト、フレアをより効果的に抑制
  • 高画質を実現しながらも小型・軽量化を達成した、優れた携行性
  • 動画撮影時だけでなく、フォーカスシフト撮影時にも有効なフォーカスブリージングの抑制
  • 高い操作性を発揮する、静粛で滑らかな操作が可能な「コントロールリング」
  • 割り当てられる機能が増え、さらに便利になった「レンズFnボタン」
  • 絞り・撮影距離・被写界深度などの情報を確認できる「レンズ情報パネル」
  • 「マルチフォーカス方式」とSTM(ステッピングモーター)の採用による、静止画・動画を問わず高速・高精度・静粛なAF駆動
  • 高精度な絞り制御ができる電磁絞り機構
  • 防塵・防滴に配慮した設計と、フッ素コート採用による優れた防汚性能

主な仕様

  • マウント:ニコンZ マウント
  • 焦点距離:24 mm – 70 mm
  • 最大口径比:1:2.8
  • レンズ構成:15群17枚(EDレンズ2枚、非球面レンズ4枚、ナノクリスタルコートあり、アルネオコートあり、最前面および最後面のレンズ面にフッ素コートあり)
  • 画角:84°- 34°20′(撮像範囲FX) 61°- 22°50′(撮像範囲DX)
  • 寸法:約89 mm(最大径)× 126 mm(レンズマウント基準面からレンズ先端まで)
  • 質量:約805 g

 

◉製品情報
https://www.nikon-image.com/products/nikkor/zmount/nikkor_z_24-70mm_f28_s/

株式会社ニコン
https://www.nikon.co.jp/