ニコン、映像制作会社ニコンクリエイツの営業を開始。次世代映像コンテンツ事業に参入


左:ニコン相模原製作所内の仮施設にある、ボリュメトリック映像撮影システム
右:平和島に開設予定の映像制作拠点のロビーのイメージ

株式会社ニコンは、次世代映像コンテンツの企画、撮影、制作を行う株式会社ニコンクリエイツを立ち上げて4月1日から営業開始し、次世代映像コンテンツ事業に参入したことを発表した。

ニコンは、この次世代映像コンテンツ事業の参入にあたり、米国Microsoft Corporationの技術を活用した、高品質な3Dデータ映像の生成が特長の「Microsoft Mixed Reality Capture Studios」の日本初のパートナー企業となった。ニコンの100%子会社であるニコンクリエイツが、最先端の技術や撮影機器を用いた映像制作拠点を2022年秋に東京都大田区平和島に開設し、ボリュメトリック映像やバーチャルプロダクションなど、さまざまな映像制作手法を活用した提案や企画、撮影、制作を行うという。

これまでニコンは、映像製品を市場に投入するとともに、クリエイターが想像力や個性を表現できる場を提供するなど、映像文化の発展に寄与してきたが、今回、次世代映像コンテンツ事業に参入することで、クリエイターとともに新たな映像表現を共創していくとしている。

 

 

株式会社ニコンクリエイツ
https://www.creates.nikon.com/