ニコン、大口径標準単焦点マニュアルフォーカスレンズ「NIKKOR Z 58mm f/0.95 S Noct」が、カメラグランプリ 2020にてカメラ記者クラブ賞を受賞


株式会社ニコンは、同社の大口径標準単焦点マニュアルフォーカスレンズ『NIKKOR Z 58mm f/0.95 S Noctが、「カメラグランプリ 2020」において「カメラ記者クラブ賞」を受賞したことを発表した。

「カメラグランプリ」は、写真・カメラ専門の雑誌・Web媒体の担当者の集まりであるカメラ記者クラブ(19639月発足、20204月現在10媒体が加盟)が主催するカメラ・レンズ関連の賞。今回は、201941日から2020331日の間に発売された製品の中から各賞が選ばれた。今回受賞した「カメラ記者クラブ賞」は、「大賞」を受賞したカメラを除くすべてのカメラと写真製品・機材の中から、大衆性、話題性、先進性に特に優れた製品をカメラ記者クラブ会員が選ぶ賞。

『NIKKOR Z 58mm f/0.95 S Noct』は、写真・映像関連の賞「TIPA WORLD AWARDS 2020」において「BEST MIRRORLESS PRIME STANDARD LENS」を受賞。また、世界的に権威のあるデザイン賞「Red Dot AwardProduct Design 2020」も受賞している。

 

主な特長

・NIKKOR Z レンズの光学性能の高さを象徴するレンズ
・内径55mmの大口径「Z マウント」とフランジバック16mmの組み合わせがもたらす高いレンズ設計自由度を活かし、ニコン史上最も明るい※開放F値0.95
・開放F値0.95ならではの極めて浅い被写界深度と大きく美しいボケ味
・至近から無限遠まで撮影距離を問わず、絞り開放でも非常に高いピント面の解像力
・ピント面から遠ざかるにつれてなだらかに変化する理想的なボケの連続性がもたらす、独自の空間表現
・鮮明な夜景撮影や天体撮影が可能な、絞り開放から点を点として描写する卓越した点像再現性
・高屈折率硝材を使用した面精度の高い大口径の「研削非球面レンズ」を新たに採用したことで、強力かつ高精
度に収差を補正

 

「NIKKOR Z 58mm f/0.95 S Noct」の選考理由

-「カメラグランプリ 2020」実行委員会のコメント-
2018年に同社の新ミラーレスカメラの「Z シリーズ」と同時に発表され、そのZ マウントはこのレンズを作れる寸法に設計されたと明かされた大口径標準単焦点マニュアルフォーカスレンズ。「ニコンZ マウントシステム」を象徴するレンズといえる。一眼レフカメラ用のFマウントの制限から解放され設計の自由度が向上したことを存分に生かしている。標準域のレンズでありながら、大きなマウントおよび開放F値0.95により、望遠レンズ並みの大きなボケを実現。その浅い被写界深度は、これまでとは異なる表現を可能にする。大口径でありながら、周辺まで優れた画質を誇る。MFレンズであり高価ではあるものの、それに足るあこがれが持てるレンズだ。2020年5月18日現在、受注が休止されているのは残念だが、そうせざるを得ないほどの注文が多いのは、本レンズだけでなく、新マウントシステムとしての期待の表れといえる。

 

 

株式会社ニコン
https://www.nikon.co.jp/