ニコン、ニコン Z マウントシステム対応の望遠ズームレンズ 「NIKKOR Z 70-180mm f/2.8」を発売


 

株式会社ニコンイメージングジャパンは、ニコン Z マウントを採用したフルサイズ/FXフォーマットミラーレスカメラ対応の望遠ズームレンズ『NIKKOR Z 70-180mm f/2.8』を7月14日より発売する。価格はオープンで、市場想定価格は182,000円前後(税込)。

NIKKOR Z 70-180mm f/2.8』は、焦点距離全域を明るい開放F2.8一定でカバーする望遠ズームレンズ。質量約795g、全長約151mmと小型・軽量で、大口径望遠ズームレンズながらも気軽に持ち運びが可能。

明るい開放F2.8と、望遠レンズならではの圧縮効果や大きなボケにより、印象的なポートレート撮影が可能。多くの光を取り込めるため、室内スポーツの撮影などの光量が少ない場所でも、ブレやノイズを抑えて動く被写体をシャープに捉えることができる。

さらに、「STM(ステッピングモーター)」を採用し、素早いピント合わせを実現。また、AFでのクローズアップ撮影が可能。最短撮影距離は広角端で0.27m、最大撮影倍率0.48倍を活かし、花や動物の顔などを大きく撮影することも可能。

 

主な特長

中望遠域から望遠域をカバーする焦点距離70-180mmで、幅広い撮影シーンと被写体に対応

焦点距離全域で一定の開放F2.8と、望遠レンズならではの圧縮効果や大きなボケを活かし、印象的な表現が可能

大口径望遠ズームレンズながら小型・軽量を実現し、気軽に持ち運びが可能

テレコンバーターに対応し、「Z TELECONVERTER TC-1.4x」(20208月発売)の装着により焦点距離を252mmまで、「Z TELECONVERTER TC-2.0x」(20208月発売)の装着により焦点距離を360mmまで拡大可能。

Z TELECONVERTER TC-2.0x」使用時は最大撮影倍率を等倍に近い0.96倍に拡大

STM(ステッピングモーター)」を採用し、素早く静粛なAF駆動を実現

最短撮影距離0.27m(広角端)でもAFでクローズアップ撮影が可能

フォーカスブリージングの抑制2に配慮した設計や、滑らかな操作感の「コントロールリング」などにより、動画撮影にも最適

防塵・防滴に配慮した設計3と、レンズ最前面には防汚効果のあるコーティングを採用

 

主な仕様

マウント

ニコン Z マウント

焦点距離

70mm-180mm

最大口径比

12.8

レンズ構成

1419枚(EDレンズ5枚、スーパーEDレンズ1枚、非球面レンズ3枚)

画角

34°20– 13°40′(撮像範囲FX22°50– 9°(撮像範囲DX

寸法

83.5(最大径)×151mm(レンズマウント基準面からレンズ先端まで)

質量

795g

 


©Chloe Lodge

 

 

◉製品情報
https://www.nikon-image.com/products/nikkor/zmount/nikkor_z_70-180mm_f28/

株式会社ニコン
https://www.nikon.co.jp/

vsw