ニコン、ニコンFM2のデザインを受け継いだDXフォーマットミラーレスカメラ ニコン Z fcを発売


株式会社ニコンは、APS-CサイズニコンDXフォーマットミラーレスカメラ『ニコン Z fc』を7月下旬に発売する。価格はオープンで、ボディ単体が130,000円前後、『Z fc NIKKOR Z DX 1650mm f/3.56.3 VR』のズームレンズキットが150,000万円前後、単焦点レンズ『NIKKOR Z 28mm f/2.8(Special Edition)』の単焦点キットが160,000万円前後。

『ニコン Z fc』は、『Z 50』とほぼ同等の基本機能で、有効画素数2088万画素、像面位相差AF画素搭載のCMOSセンサーと画像処理エンジン EXPEED 6を採用。高い性能と操作性を有しながらも、レンズ交換式カメラに初めて触れる方にも使いやすく、気軽に持ち歩ける小型・軽量ボディーが特長。デザインには、長年愛されてきたフィルム一眼レフカメラ「ニコン FM2」(1982年発売)の要素を取り込んでいる。ボディーサイズやダイヤル位置も「FM2」に近い形で、接眼目当てに丸型を採用。シャッタースピード、露出補正、ISO感度の3つのダイヤルと、絞り表示のパネルを上面に搭載している。

『NIKKOR Z DX 16–50mm f/3.5–6.3 VR』のシルバーのカラーは、「NIKKOR Z DX 16-50mm f/3.5-6.3 VR」をベースに、ボディーと同じシルバーデザインに変更した標準ズームレンズ。全長約32mm、質量約135gと小型・軽量で持ち歩きに便利なサイズ。

『NIKKOR Z 28mm f/2.8 (SE)』は、単焦点レンズならではの柔らかいボケ味を楽しめる、ポートレートや静物撮影に適した小型・軽量のレンズ。「FM2」発売当時のNIKKORレンズに似せた特別デザインで、ボディーのデザインにマッチする。

▲『NIKKOR Z DX 16–50mm f/3.5–6.3 VR』装着時(写真左)、『NIKKOR Z 28mm f/2.8 (SE)』装着時

 

 

主な特長

1 ニコンの歴史的カメラ「FM2」を再現

ペンタプリズム 分のデザインやボディーサイズ、シルバーと の色バランスは、フィルム一眼レフカメラ「FM2」を再現。 電子ビューファインダー(EVF)の接眼目当てに「FM2」同様の丸型を採用したほか、ダイヤルデザインやNikonロゴの刻印など、細部にまでこだわったデザイン。ボディーは、マグネシウム合金による高い堅牢性を備えている。また、ボディーの人工皮革部分を有償にて全6色の「プレミアムエクステリア」に張替えることができる。

 

2. 好みの画作りができる、シンプルな操作性

ボディーの上面には、シャッタースピード、露出補正、ISO感度の3つのダイヤルと絞り表示のパネルを設置。撮影の基本となる4つの要素がひと目で確認でき、シンプルな操作で設定変更が可能。撮影スタイルに合わせて様々な設定がワンタッチで変更できる「iボタン」、「iメニュー」を使うことで、より効率の良い撮影ができる。

また、「Z シリーズ」で初めて、撮影モード「AUTO」時の露出補正が可能になりった。もう少し明るくしたい、シルエットを強調したいなど、「AUTO」の中でも自分なりの表現を見つけることができる。さらに、独創的な表現を可能にする全20種類の「Creative Picture Control」を搭載。色合いや階調、彩度などが異なるテーマを選択することで、様々な雰囲気をつくり出せるほか、最終的なイメージを撮影前に画像モニターや電子ビューファインダー(EVF)でリアルタイムに確認できる。

 

3. 思い通りの表現をサポートする便利な機能・性能

フルサイズミラーレスカメラ「ニコン Z 7II」(2020年12月発売)、「ニコン Z 6II」(2020年11月発売)にも搭載した、静止画、動画を問わず、人物やペットの瞳にピントを合わせる、「瞳AF」「動物AF」を搭載。ISO 100~51200の幅広い常用感度域をカバーし、暗い場所でもクリアーな撮影が可能です。また、「Z シリーズ」初のバリアングル方式画像モニターを採用。ハイアングルや縦位置構図のローアングルでの撮影時にも便利なほか、画面モニターをカメラ前面に向けると、「自分撮りモード」に自動で切り換わる。

 

4. その他の特長

  • 収差が少なく自然な見えを実現する有機ELパネル採用の電子ビューファインダー(EVF)
  • DXフォーマットベースでフルフレームの4K UHD対応の動画撮影機能
  • 動画撮影専用のAF-F(フルタイムAF)を搭載
  • 画像サイズとフレームレートの組み合わせを選ぶだけで「スローモーション動画」が撮影可能
  • カメラをWebカメラとして使用可能にする「Webcam Utility」に対応
  • 「Z fc」のデザインに合わせた化粧箱や付属のストラップ
  • 従来のUSB充電に加え、電源ON時のUSB給電にも対応

 

◉製品情報
https://www.nikon-image.com/products/mirrorless/lineup/z_fc/

株式会社ニコン
https://www.nikon.co.jp/