パナソニック、3.5型の液晶画面搭載のリモートカメラコントローラー『AW-RP60GJ』 を発表


パナソニック株式会社は、GUI メニュー画面を搭載し、スムーズなカメラコントロールをサポートするリモートカメラコ ントローラー『AW-RP60GJ』を10月より発売する。価格は、280,000 円 (税抜)。

3.5 型の液晶画面を搭載した『AW-RP60GJ』は、必要な情報が一目で分かる GUI メニューにより、即時性の求められる撮影現場で優れたカメラコントロール性能を発揮。また、持ちやすさを追求したジョイスティックがスムーズなパン、チルトをサポートし、狙った被写体を正確に捉えることができまる。カメラ調整機能は、当社製従来機種『AW-RP50』(2010 年 7 月発売)から機能を拡張し、ガンマやホワイトバランスなど多彩な色調整機能を搭載。さらに、使用頻度の高い機能をショートカットキーとして最大 8 個まで割り当て可能なユーザーアサインボタンや、プリセットデータの名称を柔軟にカスタマイズできる機能を搭載し、現場での使いやすさを細部まで追求。

また、PoE給電に対応しているため、カメラコントロールと電源供給が LAN ケーブル 1 本で可能となり、シンプル運用かつ設置時の省線化に貢献します。大学の講義撮影や企業のセミナー収録、各種イベント会場でのライブビューイングなど、リモートカメラが活躍する様々なシーンで簡単・スムーズなカメラコントロールを実現する。

なお本機は、現地時間 2019 年9月13日(金)から9月17 日(火)までオランダ・アムステルダムで開催される放送機器展示会「IBC2019」に出展された。

 

主な特長

  1. 視認性の高い3.5型の液晶画面を搭載
  2. 持ちやすさを追求したジョイスティックにより、直観的なパン・チルト操作が可能
  3. PoE給電に対応し、電源供給・カメラコントロールをワンケーブルで実現

 

◉製品情報
https://panasonic.biz/cns/sav/news/190912/index02.html

パナソニック株式会社
https://www.panasonic.com/jp/home.html