パナソニック、NDI/SRT/FreeDに対応した 4K/60pリモートカメラAW-UE100W/Kを発売


パナソニック株式会社は、コンパクトなボディに4K/60p撮影や12G-SDI出力などの多彩な機能を搭載した4Kインテグレーテッドカメラ『AW-UE100W/K』を2020年8月より発売。カラーはホワイトとブラックの2色。価格は、925,000円(税別)。

AW-UE100W/Kは、NDI/SRT/FreeDの3つのプロトコルに対応した業界で初めてのリモートカメラ。高画質で低遅延なライブ映像をLAN ケーブル1本で伝送可能なHigh bandwidth NDI、不安定なネットワーク環境に強く強固なセキュリティを備えたSRTを始め、多彩な映像伝送プロトコルで次世代の映像制作をサポートする。また、エンコーダーを用いずにAR/VRシステムと接続できるFreeDを使用することによって、バーチャルスタジオでの撮影にも対応する。

加えて、12G-SDI、3G-SDI、HDMI、IPの出力端子を備え、4K/60pをはじめとする様々なフォーマットで出力可能であるなど、幅広いシーンでのシステム構築・運用に応えるとしている。さらに、カメラの回転部には新開発の高精度ダイレクトドライブモーターを採用。パン・チルト時の動作性、応答性、静音性が向上したという。

 

主な特長

1. High bandwidth NDI、High efficiency low bandwidth NDI|HXを標準搭載

4K 映像を最大約250 Mbps、フルHD 映像を最大約125 Mbpsで伝送可能なHigh bandwidth NDIに対応。また、低ビットレート下で安定した映像伝送を実現するHigh efficiency low bandwidth NDI|HXも備えている。

2. 光学24倍ズーム/水平74.1°の広角撮影を実現

光学24倍ズームに加え、高い解像度を保ったまま4Kモード時で28倍、HDモード時で36倍までの超解像ズームができるiズームを搭載し、遠くの被写体も鮮明に捉える。さらに、1.4倍、2倍のデジタルエクステンダーズームも備えている。また、水平74.1°の広角撮影が可能なため、限られた設置スペースでも全体を広く写すことができる。

 

3. 4K/60p撮影と12G-SDI出力に対応

3840×2160の4K/60p撮影が可能なため、動きのあるシーンも高画質で滑らかに写す。また、12G-SDI、3G-SDI、HDMI、IPの4種類の出力インターフェイスを搭載。

 

4. 次世代映像伝送プロトコルSRT(Secure Reliable Transport)に対応

公衆回線を用いて安全で安定した映像伝送を実現。

Secure:映像データを暗号化し伝送することで、高いセキュリティ性を確保。
Reliable:伝送中に失われたパケットを自動検知して再送する「パケットロスリカバリ機能」により、乱れのない安定した映像伝送を実現。
Transport:柔軟で適応性の高いバッファ管理システムにより、ビットレートが不安定なネットワーク環境でも安定した映像伝送が可能。

 

5. 回転部に高精度ダイレクトドライブモーターを搭載

0.08°/sの低速から180°/sの高速パン・チルトまでカバーする高い動作性、狙ったポイントに正確に静止する応答性を確保しながら、NC30以下の静音性を実現。コンサートホールや収録スタジオなどの静かな場所でも使用可能。

 

 

◉製品情報
https://panasonic.biz/cns/sav/products/aw-ue100/

パナソニック株式会社
https://www.panasonic.com/jp/home.html