パナソニック、LUMIX「G9 PRO」を継承した小型・軽量モデル『DC-G99』発表


パナソニックは、ミラーレス一眼カメラ『LUMIX DC-G99』を5月23日より発売する。価格はオープン。市場想定価格は、ボディのみが12万5,000円前後、14-140mmのズームレンズキットが16万5,000円前後(ともに税別)。

『DC-G99』は、ローパスフィルターレス20.3M Live MOSセンサー、ヴィーナスエンジンを搭載。望遠域まで強力に手ブレを補正する5軸5段のDual I.S. 2の搭載により、撮影時の手ブレを抑えた高画質撮影が可能。また連写性能は、約0.07秒の高速AF、秒間約9コマの高速連写に対応。カメラ本体は防塵・防滴に対応、また新たに防塵・防滴化した10倍ズームレンズ「H-FSA14140」を付属したレンズキットも発売することで、幅広いシーンでの撮影が可能となる。

動画機能では、4K/30p動画を時間無制限(温度制限あり)での内部記録や、4K/30p 4:2:2 8bit動画の外部出力に対応、V-Log L撮影もできる(G9 PROは非対応)。

 

<主な特長>

1. 作品づくりに応える高画質・手ブレ補正機能を搭載

・ローパスフィルターレス20.3M Live MOSセンサー、ヴィーナスエンジン搭載
・5軸5段Dual I.S. 2搭載、約0.07秒の高速AF、秒間約9コマの高速連写
・新搭載「ライブビューコンポジット」機能により星や夜景撮影を楽しめる

2. 直観的な操作で作品づくりに集中できる高い操作性と機動力

・本体天面に3つの操作ボタン配置により直観的な操作が可能
・さまざまなフィールドで撮影が可能な防塵・防滴対応
・防塵・防滴仕様、高倍率の光学10倍ズーム対応の新レンズ「H-FSA14140」を発売

3. 充実の動画撮影機機能

・4K/30p動画の時間無制限(温度制限あり)内部記録、4K/30p 4:2:2 8bit外部出力に対応

・フルハイビジョン映像の4倍のきめ細やかさで記録できる4K(3840×2160)動画撮影に対応

・V-Log LプリインストールでLog撮影が楽しめる
デジタルシネマ制作などで普及しているLog撮影が、G99にはプリインストールされている。V-Log Lは12ストップという広いダイナミックレンジを持ち、シャドウからハイライトまで豊かな階調表現を実現。

LUTアシスト表示で、色変換後の映像を参照しながら、撮影・再生が可能
メモリーカードにLUT(ルックアップテーブル)のプロファイルを入れてカメラ内にコピーしておけば、V-Log Lを使った撮影時に、変換後の映像を参照しながら撮ることもできる。さらに、撮影時に加えて再生時にもLUT変換後の映像を確認することが可能。カメラ本体で撮影後すぐに確認する際に便利。

 

・美しいスローモーション映像が撮れる
フルハイビジョン画質で最大120fpsの高速撮影を行うことにより、スローモーション動画を撮影できる。

 

 

<主な仕様>

■デジタルカメラ本体:DC-G99

品番:DC-G99
記録メディア:SDメモリーカード/SDHCメモリーカード/SDXCメモリーカード
レンズマウント:マイクロフォーサーズマウント
カメラ有効画素数:2030万画素
外形寸法:幅 約130.4 mm × 高さ 約93.5 mm × 奥行 約77.4 mm
質量:約536 g(本体、バッテリー、メモリーカード1枚含む)

■DC-G99H 付属レンズ

品番:H-FSA14140
レンズ名称:LUMIX G VARIO 14-140mm / F3.5-5.6 Ⅱ ASPH. / POWER O.I.S.
レンズ構成:12群14枚(非球面レンズ:3枚、EDレンズ:2枚)
焦点距離:14-140 mm(35 mm判換算 28-280 mm)
フィルター径:58 mm
最大径×長さ:φ67 mm×約75 mm(レンズ先端より、レンズマウント基準面まで)
質量:約265 g(レンズフード、レンズキャップ、レンズリアキャップを含まず)

 

◉製品情報
https://panasonic.jp/dc/g_series/products/g99.html

パナソニック株式会社
https://www.panasonic.com/jp/home.html