パナソニック、ブルーレイディスクレコーダー おうちクラウドディーガ 4機種を発表


パナソニック株式会社は、ブルーレイディスクレコーダー「おうちクラウドディーガ」の新モデル、地上デジタル/BS/110度CSデジタル放送3チューナー内蔵の『DMR-2T101』、2チューナー内蔵の『DMR-2W200』『DMR-2W100』『DMR-2W50』を6月26日より発売する。価格はオープンで市場想定価格は、『DMR-2T101が63,000円前後、『DMR-2W200』が63,000円前後、『DMR-2W100』が53,000円前後、『DMR-2W50』が46,000円前後。

本シリーズでは、スマートフォンアプリ「どこでもディーガ」(無料)の進化により、見たい番組やシーンが探しやすくなり、テレビで録画番組を見る時にも、スマホをリモコン代わりにすれば、かんたんに見たいシーンから再生できるようになった。これにより外出先だけではなく、家の中でも、スマートフォンを片手に快適な番組視聴を楽しむことができる。また、コミュニケーションアプリ「LINE」で外出先から話題の番組を検索し、そのまま録画予約することができてる。

 

 

 

主な特長

1. スマートフォンで楽しむ「おうちクラウド」機能がさらに進化

・外出先でもスマートフォンで番組が視聴できる
・離れて暮らす家族の「おうちクラウドディーガ」に、大切な写真・動画を送れる
・シーン一覧表示で、見たいシーンから再生できる
・アプリの音声操作による番組の予約・検索・再生(スマホ再生・テレビ画面での再生)に対応

 

2. 「らくらく設定」で初期設定もかんたん

郵便番号の入力&ネットワーク設定の2ステップだけで初期設定が完了し、すぐに使える

 

3. コミュニケーションアプリ『LINE』で番組を探して、そのまま録画予約

CLUB PanasonicのLINE公式アカウントに友だち登録して、気になる番組の検索や録画予約も可能

 

◉製品情報
https://news.panasonic.com/jp/press/data/2020/04/jn200410-1/jn200410-1.html

パナソニック株式会社
https://www.panasonic.com/jp/home.html