パナソニック、Ultra HD ブルーレイディスクプレーヤー『 DP-UB45』を発表


パナソニックは、4K対応の次世代ブルーレイディスク規格「Ultra HD ブルーレイ」の再生に対応したブルーレイディスクプレーヤー『DP-UB45』を6月14日より発売する。価格はオープンで、市場想定価格は28,000円前後。

「Ultra HD ブルーレイ」規格とは、4K解像度に加え、60pの高フレームレートや最大で1,000~10,000 nitの高輝度で質感あふれる表現が可能な「HDR(ハイダイナミックレンジ)」、色の再現性を大幅に高める広色域規格「BT.2020」などに対応したもので、4K解像度による高精細感、大きな明暗差による立体感や鮮やかな色調、なめらかな動きによる美しい映像表現が可能となる。

本製品は、最新のHDR(ハイダイナミックレンジ)規格である「HDR10+」と「Dolby Vision」の両規格に対応。各シーンに適した明るさで表示することにより、映像制作者の意図にあわせたHDR映像を忠実に再現することが可能。

<主な特長>
1. 4KやHDRの映像が楽しめるUltra HD ブルーレイ再生に対応
・4K(高解像度)/HDR(高輝度)/BT.2020(広色域)の美しい映像が楽しめる

2. 最新のHDR規格「HDR10+」「Dolby Vision」両対応

3. 4K映像を手軽に楽しめる高速トレイオープン・コンパクト設計
・開/閉ボタンを押せば約1秒でトレイオープンし、ディスクをすばやく再生できる
・幅320高さ46奥行193 mmのコンパクト設計で置き場所を選ばない

 

◉製品情報
https://panasonic.jp/bdplayer/products/ub45.html

パナソニック株式会社
https://www.panasonic.com/jp/home.html