パナソニック、高精細の1080p OLED(有機EL)パネルを搭載したVARICAM用HDカラービューファインダー「AU-VCVF2GJ/VCVF20GJ」を発表


パナソニック株式会社は、当社シネマカメラVARICAMシリーズ用のHDカラービューファインダー「AU-VCVF2GJ」および「AU-VCVF20GJ」を、2018年4月下旬より発売を発表した。メーカー希望小売価格は、800,000円(税別)。

なお、この製品は米国ラスベガスで現地時間2018年4月9日(月)より開催される「NABShow2018」に出展される。

◉主な特長
1. 新開発1080p OLED(有機EL)パネルによる、高精細・低遅延の表示と忠実な色再現
新開発の1080p OLEDパネルを搭載することにより、シネマ制作市場で評価の高い大口径ビューファインダーがさらに進化。高精細(1920×1080)な表示を可能にし、低遅延かつ忠実な色再現と画作りにこだわりを持つ、映画業界のハイエンドのニーズに応える。

2. ファインダー内光学ズームレンズが快適な視野とフォーカシング環境を実現
独自の光学設計を継承しており、大口径38 mm接眼レンズによりケラレを最小限に抑えた快適な視界が得られ、広画角0.78倍のファインダー倍率により映像を大きく確認できる。さらに、当社独自のファインダー内光学ズームレンズにより、任意に倍率を変えることで個々人の快適な視野角に調整ができ快適な視野とフォーカシング環境を提供する

3. 多彩な露出アシスト、フォーカスアシスト機能を搭載
露出アシスト機能として、Y-Get(スポットメーター)、波形モニタ表示、フォルスカラー表示、ゼブラ表示の機能を搭載。フォーカスアシスト機能としては、2倍、3倍、4倍の拡大表示が可能なことに加え、フォーカスが合っている映像の輪郭部分を赤、緑、または白色で表現するピーキングカラー表示が可能。さらに、当社が新たに提案するフォーカススクエア機能(領域ごとにフォーカスが合っている度合いを四角形の大きさで表示)など、多彩なフォーカスアシスト機能を搭載されている。

パナソニック株式会社
https://www.panasonic.com/jp/home.html