パナソニック、マイクロフォーサーズ用レンズ『LEICA DG VARIO-SUMMILUX 10-25mm/F1.7 ASPH.』を発売


パナソニック株式会社は、デジタル一眼カメラLUMIX Gシリーズで採用している「マイクロフォーサーズシステム規格」に準拠した交換レンズ『LEICA DG VARIO-SUMMILUX 10-25mm/F1.7 ASPH.』(H-X1025)を8月22日(木)より発売する。価格は、270,000円(税別)。

本製品は、20-50 mm(35 mm判換算)の標準ズームレンズで、ライカの厳しい光学基準をクリアし、世界で初めて超広角から標準のズーム全域でF1.7「SUMMILUX(ズミルックス)」の明るさを実現。

非球面レンズ3枚、EDレンズ4枚、UHRレンズ1枚の特殊レンズを最新の光学設計により最適配置し、絞り開放からズーム全域において、大口径単焦点レンズ並みの優れた描写性能、高品位なボケ味を楽しめる。

1本で大口径単焦点レンズ5本分となる焦点距離をカバーしているため、広大な天体・風景撮影などの広角から、スナップ・ポートレートなどの標準領域まで幅広い撮影が可能。また動画撮影では、これまで使用シーンごとに単焦点レンズの交換が必要だったが、本製品は1本で複数の単焦点レンズの性能・画角をカバーできるため、高い利便性と機動力を発揮する。

レンズ本体は、静止画・動画撮影の双方で高い操作性・機動力を実現すべく、滑らかな絞り値の変化を可能にするクリックレス仕様の「絞りリング」(クリックレスのみ)、AF/MFの切替を瞬時に行え、さらにMF時は精密なピント合わせを可能にする距離目盛を搭載した「フォーカスクラッチ機構」を搭載している。

 

主な仕様

品番:H-X1025
レンズ名称:LEICA DG VARIO-SUMMILUX 10-25mm/F1.7 ASPH.
レンズ構成:12群17枚(非球面レンズ:3枚、EDレンズ:4枚、UHRレンズ:1枚)
焦点距離:10-25 mm(35 mm判換算 20-50 mm)
絞り範囲:9枚羽根 円形虹彩絞り
最大径×長さ:φ87.6 mm×約128 mm
質量:約690 g(レンズフード、レンズキャップ、レンズリアキャップを含まず)

 

◉製品情報
https://news.panasonic.com/jp/press/data/2019/06/jn190603-3/jn190603-3.html

パナソニック株式会社
https://www.panasonic.com/jp/home.html