パナソニック、小型・軽量サイズのミラーレス一眼カメラ「LUMIX G100D」を発表


パナソニック株式会社(以下、パナソニック)は、LUMIX Gシリーズミラーレス一眼カメラ『LUMIX G100D』を2024年1月26日より発売する。ラインナップと価格は以下のとおり(すべて税込)。

■DC-G100D Kキット(標準ズームレンズ12-32mm):89,000円前後
■DC-G100D Wキット(標準ズームレンズ12-32mm、望遠ズームレンズ45-150mm):107,000円前後
■DC-G100D Vキット:(標準ズームレンズ12-32mm、トライポッドグリップ):94,000円前後

 

▲G100D Kキット

 

▲G100D Wキット

 

『LUMIX G100D』は、「G100」(2020年発売)の後継モデルで、有効約2,030万画素のLive MOSセンサーを搭載するマイクロフォーサーズ機。

「G100」との主な違いは、EVFが現行機種「S5」や「G99D」と同等の約236万ドットOLEDファインダーの搭載により、視認性が向上。また、USBポートはmicro-BからType-Cに対応。外出時、撮影の合間の移動時間などにモバイルバッテリーから充電することが可能。

『G100D』は、約346 gの小型・軽量ボディにもかかわらず写真も動画も高画質に撮影でき、使いやすさを兼ね備えたモデル。本体サイズは115.6×83.1×54.2mm。

自分撮りや人物撮影時も快適に撮影できる顔・瞳認識AFや撮影後にピント位置を選べるフォーカスセレクト機能搭載など撮影をアシスト。

動画機能は、最大4K30pの記録に対応。カメラ本体の5軸電子手ブレ補正(E.I.S.)と、レンズの2軸光学手ブレ補正(O.I.S.)が連動する、新たな5軸ハイブリッド手ブレ補正を搭載。

また、NOKIAのOZO Audioを採用。撮影シーンに合わせ、顔認識と連動して最適な音声記録ができるモードを含めた、5つの指向性モードから選択できる。外付けマイクを用意しなくてもカメラの内蔵マイクだけで、高音質で臨場感あふれる音声記録が可能だとしている。

さらに、モニターを回転するだけで自撮りモードに設定されおり、顔・瞳認識AFにより被写体のピントの背景抜けを抑えながら背景もしっかりと捉える。同時に被写体の露出もカメラが自動調整するので、Vlogなどの動画自撮りを強力にサポートする。

▲G100D Vキット

◉G100D 紹介動画

 

 

◉製品情報
https://panasonic.jp/dc/products/g_series/g100d.html

パナソニック株式会社
https://www.panasonic.com/jp/home.html

vsw