パナソニック、「LUMIX Sシリーズ レンズ 」の最新ロードマップ公開。F1.8 単焦点レンズのシリーズ展開


パナソニック株式会社は、LUMIX Lマウント用交換レンズ「Sシリーズ レンズ」の最新ロードマップを公開した。

「LUMIX Sシリーズ レンズ」は発売中の6本に加え、2021年までに新たに6本を発売することで、 計12本にラインアップを拡充。新たに公開となる2021年まで発売の6本は、24mm・50mm・85mm F1.8、大口径広角ズーム、標準ズーム、望遠ズーム。

なお、従来の「Sシリーズ レンズ」ロードマップ」に掲載していた「100mm F2.8 Macro」レンズは、 より充実したラインアップに向け、商品内容を検討中のため、今回のラインアップには掲載していないという。

 

 

■2021年までの「Sシリーズ レンズ」ロードマップ

 

①F1.8 単焦点レンズのシリーズ展開(24mm・50mm・85mm F1.8)

優れた描写性能と高い機動力を両立するF1.8の明るさの大口径単焦点レンズを「広角」「標準」「中望遠」の 各焦点領域で展開。「LUMIX Sシリーズ」のボディと明るさに優れた単焦点レンズの組合せにより、 フルサイズならではの印象的なボケ味や低照度の環境での撮影できる。

②大口径広角ズームレンズ

広角レンズならではの広い画角と大口径の明るさにより、広大な風景撮影から、明るさを求められる夜景・星景の 撮影シーンにも対応。また、プロフェッショナルの映像制作の現場でも、遠近感を強調してダイナミックな映像 表現を得たい時や室内などの限られたスペースで被写体を収めたいドキュメンタリー等の撮影も可能。

 

◉詳細情報
https://panasonic.jp/dc/lens/s_series/road_map.html

パナソニック株式会社
https://www.panasonic.com/jp/home.html