パナソニック、LUMIXがWEBカメラとして使える「 LUMIX Tether for streaming (Beta )」を公開


パナソニック株式会社は、ライブストリーミング配信用途に配慮したベータ版パソコン用ソフト「LUMIX Tether for streaming(Beta)」を6月8日より公開する。

 

LUMIX Tether for streaming (Beta )概要

対象機種
S シリーズ・・・ S1R 、 S1 、 S1H
G シリーズ・・・ G9 、 GH5 、 GH5S

内容:需要が急速に拡大しているストリーミング配信用途に配慮し、既存の「 LUMIX Tether(ver.1.7) 」 をベースとし、改良したソフトウェア。これまで、対応のカメラとパソコンをUSBケーブルで接続し、LUMIX Tetherソフトウェアを起動することで、カメラのライブビュー映像や制御パネルなどをパソコンの画面に映し、リモートコントロールすることが可能だったが、今回、新たにカメラのライブビュー映像のみを画面表示することができるようになった。本ソフトウェアにて追加したLIVEVIEW modeをONにすると、制御パネルや AF枠が非表示となり、カメラのライブビュー映像のみが表示される 。使用のライブストーリミングソフトウェアと組み合わせることで、パソコンの画面をキャプチャーしてストリーミング配信をする際などに快適に使用できる 。

動作環境
<対応OS> Windows 10(32bit / 64bit)
<CPU> 1GHz以上のIntel CPU
<搭載メモリ>メモリ1GB 以上(32bit)/ 2GB 以上 (64bit)
<インターフェース> USB 3.0 / 3.1

▲使用手順イメージ

 

◉ダウンロードURL
https://panasonic.jp/support/software/lumixtether/download/d_lumixtether_b.html

パナソニック株式会社
https://www.panasonic.com/jp/home.html