名前は“Photo”だが、動画的な見所も満載! ビデオSALON主催イベント「Photo EDGE Tokyo2019」


 

10月25日(金)に、いよいよ写真と映像のためのイベント「Photo EDGE Tokyo2019」が開催となります。このイベント、今年で4回目になるのですが、元々はコマーシャル・フォト(弊社刊)主催のイベントでした。過去のイベントではプロフォトグラファーはもちろん、ビデオグラファーの皆様にもご来場いただいており、実は動画関連の機材展示やセミナーも行われてきました。年々動画ユーザーの参加が増えてきたこともあり、今年からコマフォトとの共同開催の運びとなりました。イベント名が「Photo」ですが、ビデオグラファー・映像ディレクター・カメラマン・プロデューサーなど映像関係者の皆様にも注目のポイントを紹介したいと思います。

 

●イベントの詳細についてはこちら!

入場は無料・事前登録制になります。申し込みお待ちしております。

 

注目の新製品を実際に触れて、メーカー担当者に直接質問できる

▲過去の展示ブースの模様。

最近発売&発表された注目の新製品・キヤノンEOS C500 MarkⅡ、シグマSIGMAfp、パナソニックS1HやブラックマジックデザインBlackmagic Pocket Cinema Camera 6Kなど話題の新製品も展示。当日はメーカーの説明員も常駐しますので、気になる製品について心置きなく質問できます!

今回初出展となるのがプロ・アマ問わず活用の場面も増えてきたジンバルのトップメーカー・ZHIYUN(VANLINKS)。そして、三脚やスライダー、ジブクレーンなどでお馴染みのiFootage(浅沼商会)。映像業界ではおなじみのモニター一体型レコーダーNINJAシリーズを発売するATOMOS。

レンズや周辺機器、PC・モニターなど映像制作に役立つ展示も盛りだくさんです。

 

●出展メーカーと展示内容は公式サイトで

https://eventweb.jp/photoedge/exhibition.html

 

動画関連のセミナーも

編集部セミナーは「カラーグレーディング」「ドローン」「ジンバル」についてのセッションを開催します。ありがたいことに予約で満席状態で当日キャンセル待ちで、もしかしたら入場できる…? という状況です。ですが、展示スペースで開催されるメーカーセッションでも動画に関するセミナーを実施します。

______________________________________________

______________________________________________

キヤノンセミナーでは、本誌でもお馴染み酒井洋一さんが登壇。キヤノンのミラーレス一眼EOS Rを使って撮り下ろした作品とともに舞台裏や表現手法について。

______________________________________________

______________________________________________

ブラックマジックデザインセミナーの登壇者は、人気ディレクターであり、自らカラーグレーディングも手がける林響太朗さん。映画『CAST:』で使用されたBlackmagic Pocket Cinema Camera 4Kの魅力について語っていただきます。

 

懇親会も実施されます

19時〜20時半にはクリエイター、メーカーのための懇親会も。編集部も会場におりますので、ぜひ映像話を肴に懇親を深められたらと思います。お気軽にお立ち寄りください!

 

 

●イベント詳細と申込み先

入場は無料・事前登録制