フォトロン、120万画素&1,000fpsで撮影できる USBストリーミングハイスピードカメラ INFINICAM UC-を発売


 

株式会社フォトロンは、120万画素&1,000fpsで撮影した画像データをPC側メモリにリアルタイム転送できるハイスピードカメラ『INFINICAM UC-1』を12月21日より発売した。価格は要問い合わせ。

INFINICAMは、USB3.1で120万画素の画像データを1,000コマ/秒でPCメモリに転送できるストリーミングハイスピードカメラ。PCメモリに転送された画像データを画像処理することで、簡単に高速画像処理システムが構築できる。

 

主な特長

1. シンプルな高速画像処理

これまで高速画像処理にはフレームグラバーボードなどの専用ボードを使用し、デスクトップPCが必須かつケーブル配線が必要だったが、INFINICAM UC-1は汎用のUSB3.1TypeCケーブル1本とPC1台で環境構築できる。専用ボードが不要なのでノートPCも使用できる。

 

 

2. 小型軽量・汎用Cマウント

INFINICAM UC-1は、55mm×55mm×55mm(WHD)のサイズで、重さ280gの小型密閉筐体。レンズマウントはCマウントなので汎用的な各種レンズを選択することができる。

 

3. リアルタイム圧縮&高速転送

INFINICAM UC-1は、撮影データを1/4以下の容量にリアルタイム圧縮し高速転送を行う。通常USB3.1では送れない120万画素&1,000fps(解像度1246×1008画素で1,000コマ/秒)の撮影データも、データ転送を待つことなくリアルタイム計測に使用できる。また、一般的なハイスピードカメラはカメラ本体の内蔵メモリによって録画時間が制限されてきたが、INFINICAM UC-1ではPCの大容量ストレージを使えば長時間録画も可能。

 

 

◉製品情報
https://www.photron.co.jp/products/hsvcam/infinicam/

株式会社フォトロン
https://www.photron.co.jp/