サードウェーブ、クリエイター向けPC raytrekの「写真&動画編集モデル」7製品を発売


株式会社サードウェーブは、クリエイター向けPCブランド raytrek(レイトレック)の「写真&動画編集モデル」新バージョンを発売した。ラインナップは、写真編集に特化したモデル3種と、写真・動画両方の編集に特化したモデル4種の、計7モデル。価格(すべて税込)は以下のとおり。

・raytrek Debut 写真向けモデル
(Intel Core i5-11400 / インテル UHD Graphics 730/ 16GBメモリ / 512GB NVMe SSD):85,980円

・raytrek XE 写真向けモデル
(Intel Core i7-11700 / インテル UHD Graphics 730 / 16GBメモリ / 512GB NVMe SSD):115,980円

・raytrek G5-TA 写真向けモデル
(Intel Core i5-11400H / NVIDIA GeForce GTX 1650 4GB / 16GBメモリ / 512GB NVMe SSD):124,980円

・raytrek XV 写真&動画編集向けモデル
(Intel Core i7-11700 / NVIDIA GeForce RTX 3060 12GB / 16GBメモリ / 512GB NVMe SSD):179,980円

・raytrek ZG 写真&動画編集向けモデル
(Intel Core i9-11900K / NVIDIA GeForce RTX 3080 10GB / 32GBメモリ / 1TB NVMe SSD):345,980円

・raytrek R5-TA5 写真&動画編集向けモデル
(Intel Core i7-11800H / NVIDIA GeForce RTX 3050 4GB / 16GBメモリ / 512GB NVMe SSD):149,980円

・raytrek R5-TA6 写真&動画編集向けモデル
(Intel Core i7-11800H / NVIDIA GeForce RTX 3060 6GB / 16GBメモリ / 512GB NVMe SSD):179,980円

 

「写真&動画編集モデル」特長

■写真のみを編集される方、もしくは写真と映像ともに編集される方に特化したラインナップ
初めてレタッチを行う方から、プロが現場で使用することまで想定してスペックを調整。幅広いフォトグラファー及びビデオグラファーの方々に適したラインナップ。

■メモリの最低容量16GB
写真・動画編集時、スムーズに作業が行えるように、メモリの最低容量を16GBに。製品によっては容量の追加が可能で、より理想的な環境に近づけることもできる。

■NVMe SSDを標準搭載
データの保管はもちろん、編集時のパフォーマンスに影響するストレージに高速なNVMe SSDを採用。Adobe Premiere Pro等の動画制作で、プロキシを作成する際のデータを保管し、編集のパフォーマンス向上をはかる。

 

raytrek XV 写真&動画編集向けモデル

OS Windows 10 Home 64ビット
CPU インテルCore i7-11700
メインメモリ 16GB DDR4 SDRAM(8GBx2)
グラフィックス NVIDIAGeForce RTX 3060 12GB
ストレージ 512GB NVMe SSD
入出力ポート 前面:USB3.0 x2
背面:USB 2.0 ×4 / USB 3.2 Gen 2 Type-A ×2 /
USB 3.2 Gen 2 Type-C ×1
サイズ 207(幅)×509(奥行き)×440(高さ) mm
重量 約13kg

 

◉製品情報
https://www.dospara.co.jp/5create/cts_creator_raw_photo

ドスパラ
https://www.dospara.co.jp/

株式会社サードウェーブ
http://info.twave.co.jp/