キヤノン、「EOS R システム」の大口径広角・標準ズームレンズ2機種を発表


 

キヤノンは、「EOS R システム」の核となる交換レンズ「RF レンズ」の新製品として、大口径広角ズームレンズ『RF15-35mm F2.8 L IS USM』(写真左)と大口径標準ズームレンズ『RF24-70mm F2.8 L IS USM』(写真右)を9 月下旬より発売する。価格はオープンで、キヤノンオンラインショップ価格は各レンズ275,000円(税別)。

RF15-35mm F2.8 L IS USM

■表現の幅を広げる大口径広角ズームレンズ
焦点距離15mmから35mmのズーム全域で、開放F 値2.8 を実現。現行のEF レンズと比較して焦点距離が1mm 広角化し、建築や風景などにおいて、被写体から遠く離れずに撮影することや遠近感を強調した写真表現が可能。さらに、3 枚の「ガラスモールド非球面レンズ」と2 枚の「UD レンズ」を含む12 群16 枚の光学設計により、画質劣化の原因となる諸収差を低減し、ズーム全域での高画質を実現している。

焦点距離:15~35mm
明るさ:F2.8
レンズ構成:12群16枚
画角:100°25′~54°、77°20′~38°、110°30′~63°(水平、垂直、対角線)
最短撮影距離:0.28m
最大撮影倍率:0.21倍(35mm時)
フィルターサイズ:82mm
最大径×長さ:約φ88.5×126.8mm
重さ:約840g
付属品:フード、ケース

◉製品情報 https://cweb.canon.jp/eos/rf/lineup/rf15-35-f28l/

▲撮影サンプル

 

RF24-70mm F2.8 L IS USM

■多様なシーンに対応する大口径標準ズームレンズ
焦点距離24mmから70mmのズーム全域で、開放F 値2.8 を実現。広角から中望遠までをカバーし、スナップから風景、ポートレート、動画撮影など多様な撮影シーンに対応可能な、常用標準ズームレンズ。さらに、3 枚の「ガラスモールド非球面レンズ」と3 枚の「UDレンズ」を含む15 群21 枚の光学設計により、画質劣化の原因となる諸収差を低減し、ズーム全域での高画質を実現している。

焦点距離:24~70mm
明るさ:F2.8
レンズ構成:15群21枚
画角:74°〜29°、 53°〜19°30′、 84°34°(水平、垂直、対角線)
最短撮影距離:0.21m
最大撮影倍率:0.30倍(32mm時)
フィルターサイズ:82mm
最大径×長さ:約φ88.5×125.7mm
重さ:約900g
付属品:フード、ケース

◉製品情報 https://cweb.canon.jp/eos/rf/lineup/rf24-70-f28l/

▲撮影サンプル

 

キヤノン株式会社 https://canon.jp/