リコー、THETAの最上位モデル、 1.0 型CMOS搭載の『 RICOH THETA Z1 』を発表


株式会社リコー、リコーイメージング株式会社 は、ワンショットで360°の静止画や動画を撮影できる360°カメラ「RICOH THETA(リコー・シータ)」シリーズの最上位機種として、約2300万画素相当(6720×3360ピクセル)の高品質な360°の静止画を撮影できる新製品『 RICOH THETA Z1 』を3月下旬に発売する。価格は、オープン。リコーイメージングストア価格は、126,900円(税込)。

『 RICOH THETA Z1 』は、コンパクトなボディに 1.0 型の裏面照射型CMOSイメージセンサーを搭載し、360°の高品質な静止画を撮影することができる。 新たに絞り優先など多彩な撮影モードに対応し、屋外や暗所など撮影シーンを選ばずに高品質な映像を得ることができる。

また、動画撮影時には回転 3軸補正による強力な手ぶれ補正機能により、 4K(3840×1920 ピクセル)、30fps(フレーム/秒)相当の滑らかで臨場感あふれる 360°の動画撮影を実現。 本体に 0.93 型有機 EL 情報パネルと Fn(ファンクション)ボタンが搭載されたことで、撮影残り枚数や露出 設定などの各種情報が一目で確認できるようになり、カメラ単体での操作性が大きく向上。JPEG に加えて、新たに RAW(AdobeDNG 形式)での保存に対応し、一般的なデジタル一眼レフカメラなどと 同様に、本格的な画像編集が楽しめる。

 

主な特徴

1.大型センサーと新型レンズユニットによる高画質・高品質な 360°の静止画撮影
2.新画像処理アルゴリズムとシーンに合わせた撮影モード
3.最新の手ぶれ補正技術を採用した高画質(4K 相当)な 360°の動画撮影
4.わかりやすい本体 UI(ユーザーインターフェース)
5.RAW ファイル形式に対応し、編集の楽しみが向上
6.多彩な共有方法
7.堅牢で高級感のあるデザイン
8.アップデートやプラグインによる優れた拡張性

外形・寸法 :48mm(幅)×132.5mm(高さ)×29.7mm(24mm※7×奥行き)
質量 :約 182g
有効画素数 :約 2000 万画素(×2)、※出力画素 約 2300 万画素

 

◉製品情報
https://theta360.com/ja/about/theta/z1.html?popupclick=on

株式会社リコー
http://www.ricoh.co.jp/

リコーイメージング株式会社
http://www.ricoh-imaging.co.jp