ローランド、4K HDR マルチフォーマット・ビデオ・スイッチャー『 V-600UHD 』を発表 高輝度LEDディスプレイを使ったイベントに最適


ローランド株式会社は、イベント映像を4KHDR画質にアップグレードし、4Kカメラ一台をフルに活かすデバイスとして、4K対応のビデオ・スイッチャー『 V-600UHD 』を2019年6月に発売する。価格は未定。

 

 

全ての入力端子にローランドのダイナミック・マルチフォーマット技術を活用したスケーリング機能を装備するV-600UHDは、フルHDと4K映像ソースの同時使用が可能な上、解像度の異なる複数の映像を同時に出力できるので、4Kカメラの高密度映像ソースをフルHDワークフローですぐに活用できる。

V-600UHDはHDR機能を搭載しているため、高画素数であるだけではなく黒つぶれや白飛びのないダイナミックな映像を実現。HDR機能を使えばIMAG(拡大モニター)でも過度のサチュレーションを起こすことなく、バランス良くステージ照明を従来のスタンダード・ダイナミックレンジ(SDR)より容易に実現できる。SDR信号の入力やスイッチングも可能。

また、多くのカメラを必要とすることなく全てのアクションをキャプチャーできる。ステージのワイドショットや討論会のミディアムショット、特定の講演者のクローズアップを必要とするような場合でも、V-600UHDに搭載されたROI機能を使えばそれらを全て網羅できる。V-600UHDの入力端子に搭載されたソース共有機能とスケーリング機能を使えば、クロス・ポイントに割り当てた「カメラショット」を最大8つまで表示させることができるため、4Kカメラ1台をステージに向けて設置するだけで多彩な演出が可能。

おもな特徴

・HD 環境でも 4K への対応をスムーズに行える“ULTRA SCALER”技術を搭載
・4K / HD、HDR / SDR の映像信号を双方向に変換し、既存システムと 4K / HDR 映像の混在が可能
・4K / HDR をサポートする 12G-SDI、HDMI2.0 両信号に対応
・4K カメラ 1 台から、最大 8 台分のカメラ映像を抽出できるROI(Region of interest)機能搭載
・オーディオ・ミキサー機能装備
・ライブ・イベントで好評な V-800HD の操作性を継承

 

品名/品番:4K HDR マルチフォーマット・ビデオ・スイッチャー『 V-600UHD 』
外形寸法:482(幅)×300(奥行き)×109(高さ)mm
質量:5.3kg(※ラック・マウント・アングルを含む)

 

◉製品情報
https://proav.roland.com/jp/products/v-600uhd/

ローランド株式会社
https://www.roland.com/jp/