ローランド、4K HDRマルチフォーマット・ビデオ・スイッチャー V-600UHDのVer.2.00を発表


ローランド株式会社は、2020年夏頃に公開予定としていた「4K HDRマルチフォーマット・ビデオ・スイッチャー V-600UHD」Ver.2.00のアップデートを公開した。

 

【機能追加】

・キヤノン社製カムコーダーの顔認識情報を取得し、V-600UHDのROI機能を制御できる「Automatic ROI」機能を搭載。

・キヤノン社製カムコーダー、JVCケンウッド社製PTZカメラおよびカムコーダー、パナソニック社製PTZカメラ、 VISCA over IP 対応ビデオカメラ(SONY社製PTZカメラ等)、 PTZOptics社製PTZカメラ、Avonic社製PTZカメラを操作できる機能を追加。

・マルチ・ビュー・モニターに表示されるラベルの表示のオン/オフ、位置、大きさ、背景の透過度の変更が可能。

・解像度やAUXソースの選択などの情報をマルチ・ビュー・モニターにStatus Barとして表示可能。

・メモリーから指定した設定だけを読み出すRecall Safe機能を追加。

・起動時に読み出すメモリーを指定する機能を追加。

・誤操作を防止するパネル・ロック機能を追加。

・USERボタンでマルチ・ビュー・モニターのStatus Bar表示のオン・オフ、静止画選択の変更を行える機能を追加。

・Setupメニューのカテゴリーを再構築。

 

【不具合修正】

・Input ScalerのZoomが100%以上の場合に、[POSITION]スティックでROIの位置調整の不具合を修正。

 

◉システム・プログラム(アップデータ)
https://proav.roland.com/jp/products/v-600uhd/downloads/

◉『V-600UHD』
https://proav.roland.com/jp/products/v-600uhd/

 

ローランド株式会社
https://www.roland.com/jp/