ローランド、映像演出からライブ配信まで1台で可能なAVミキサー『VR-50HD MK II』を発表


ローランド株式会社は、中小規模のイベントでの映像演出や音声調整、収録、ライブ配信まで 1 台で可能なマルチフォーマットAVミキサーの新モデル『VR-50HD MK II』を、2019年9月に発売する。価格はオープン、市場想定価格は税込80万円前後。

本製品は、中小規模のイベント機材として定評の「VR-50HD」をもとにユーザーのフィードバックを受け進化した、より現場で使いやすい操作性、最新のライブ配信で求められる高音質、音声調整や映像切り替えの自動化などを実現したフラッグシップ・モデル。『VR-50HD MK II』では新たに、モニター/収録/ライブ配信など用途に合わせた映像を出力可能な「AUX」専用ボタンを装備。イベントや配信の本番で直感的な操作ができるインターフェース、高品質のオーディオ・プリアンプと AD コンバーター搭載によるクリアな音質を実現している。

また、ワンマンオペレーションでも自動で音声バランス調整を行ったり、音声を 感知して自動で映像の切り替えを行ったりするオート機能を搭載。LAN ポートを経由で最大 6 台のリモートカメラ(PTZ カメラ)を制 御することもでき、複数のカメラマンなしでオペレーションの省力化を図りながらプロ品質のイベント演出/ライブ配信を行える。サイズは437(幅)×325(奥行)×125(高さ)mm、質量は5.9kg(AC アダプターを除く)。

▲使用イメージ

モニター/収録/ライブ配信、用途にあわせた映像を出力可能

プレゼンターがステージ上で確認するモニター用、またはライブ配信用にそれぞれ異なる映 像を出したい時、収録用として合成のない映像を録画する時など、『VR-50HD MK II』 のAUXは、メインの映像に影響することなく、用途にあわせて任意の映像を出力することが できる。

直感的に操作できるインターフェースに

『VR-50HD MK II』は、イベントやライブ配信の現場で直感的な操作ができるようになった。すばやく映像を選択できる「AUX」、メイン映像に子画面を挿入する「PinP」、読み 込んだ最大4枚の静止画を選択する「STILL」などの専用ボタンを新たに搭載。またすべて のオーディオ・チャンネルに、音声を個別に確認できる「SOLO」ボタン、「MUTE」ボタンも装 備し、イベントやライブ配信本番で便利に使用できる。タッチパネルで操作できる大 型のマルチビュー・モニターは、静止画を4枚表示できるようになり、入力映像、合成画像を 分割表示させて1つの画面で簡単に確認/設定することができる。

高音質サウンド。音声調整や映像切り替えも自動で行う オート機能も搭載

『VR-50HD MK II』では、高品質のオーディオ・プリアンプとADコンバーターを搭載し、クリアな 音質を実現。イベントやライブ配信を高音質のサウンドで演出することができる。また、プロ・レ ベルの音声バランス調整を自動で行えたり、音声入力を感知して自動で映像を切り替える機能 も追加。オペレーションを省力化することができる。

リモートカメラを最大6台まで制御可能

『VR-50HD MK II』は、LAN ポート経由でパナソニック社、JVC ケンウッド社の PTZ カメラ(リモートで上下左右の首振り・拡大縮小ができるネットワークカメラ)を制御することができる。シーン登録することにより専任のカメラ・オペレーターがいなくても、最大 6 台のカ メラを同時に操作することができる。

 

▲『VR-50HD MK II』 リアパネル

 

 

◉製品情報
https://proav.roland.com/jp/products/vr-50hd_mk_ii/

ローランド株式会社
https://proav.roland.com/jp/