斎藤 工 、テレワークが舞台の映画「TOKYO TELEWORK FILM」を製作。オンラインでプレミア上映が決定


俳優、フィルムメーカー、モノクロ写真家としてマルチに活動する斎藤工が、新型コロナウイルス対応の緊急事態宣言を受けた外出自粛要請により、 ”STAY at HOME”をテーマに、日常化するテレワークを舞台にした映画企画 『TOKYO TELEWORK FILM』を始動し、リモート撮影でクランクインした。4 月29日(水)よりオンライン映画館「STAY HOME MINI THEATER powered by mu-mo」で短編第一弾のプレミア公開が決定。

3月下旬、東京都の外出自粛要請を受け、自宅環境での娯楽の選択肢として特別WEBサイト「A TAKUMI SAITOH FILM」を立ち上げ、監督作品や出演関連作、レコメンド作品や映画を随時更している齊藤。本企画『TOKYO TELEWORK FILM』は、鬱屈に屈さず、ウイルスショックによって生まれ行く「テレワークカルチャー」を記録し続け、連作を時系列に並べるオムニバス映画。

「テレワークセッション」、「テレワーク会話劇」を経て、「短編・長編を想定した製作」へと発展させた3 段階で製作を展開予定、2020 年中の長編公開を目指すとしている。4月20日に撮影が終了した「テレワークセッション」では、テレビ電話で繋がったキャストが本人として実名で登場。初回(第一弾)出演は、斎藤工のほか、女優・伊藤沙莉、大水洋介(ラバーガール)、酒井健太(アルコ&ピース)など。

また、4 月29 日よりプレオープンするオンライン映画館「STAY HOME MINI THEATER powered by mu-mo Live Theater」 にて、休館要請により全国ミニシアターでの上映が中断となった、齊藤工総監督映画『COMPLY+-ANCE コンプライアンス』との併映でプレミア上映が決定。トークイベント(生配信/収録)も開催、3日間限定(6 回配信)で有料上映する。なお、劇場収入分は、ミニシアターエイド基金と日本赤十字社へ寄付される。

 

 

 

『TOKYO TELEWORK FILM』

企画・プロデュース・監督:齊藤工
出演:伊藤沙莉、大水洋介(ラバーガール)、酒井健太(アルコ&ピース)、斎藤工 ほか
プロデュース:小林有衣子 プロデュース・編集:清水康彦 制作:(株)イースト・ファクトリー
概要 :
2020 年 4 月 8 日現在、新型コロナウィルス(COVID-19)の猛威を受け、 日本政府は非常事態宣言による社会活動自粛を決断。経済活動のみならず、メディアやコンテンツ、 大衆性を伴う興行という興行が、事実上閉鎖されたかに見えた。 人間は興を失うのか。 いや憂い、 想いを形にし表現する事によって生まれる 熱狂や共感は途絶えてしまうのか。否、我々は、いつまでも自由だ。 その証明の足掛かりとして、我々は、 自宅自粛(Stay Home)に、 テレワークにその活路を見出したい。

 

オンライン映画館 STAY HOME MINI THEATER

キュレーター(企画者)と劇場をつなぐオンライン興行を目指し、現時点で上映がストップしている映画や今後の上映展開が危ぶまれている作品を中心に、不定期で上映イベントを継続的に開催するオンライン映画館STAY HOME MINI THEATER powered bymu-mo。プレオープンと記念して、4 月29 日(水・祝)にはYoutube LIVE にて生配信トークを開催。

上映作品:『TOKYO TELEWORK FILM』プレミア上映 (15 分予定)
『COMPLY+-ANCE コンプライアンス』(75 分) +各回上映後トーク(20~30 分/3パターン/収録)

上映期間:4.29(水・祝)~5.1(金) 1 日2 回上映(計6回上映) チケット:1500 円(WEB チケット/当日券のみ)

 
◉詳細情報
https://stayhome-minitheater.com/