ケンコー・トキナー、超軽量コンパクトな富士フイルムXマウント用中望遠AFレンズ SAMYANG AF 75mm F1.8 Xを発売


株式会社ケンコー・トキナーは、SAMYANGの超軽量コンパクトな富士フイルムXマウント用中望遠AFレンズ『SAMYANG AF 75mm F1.8 X』を5月26日より発売する。価格はオープンで、市場想定価格は69,300円(税込)。

『SAMYANG AF 75mm F1.8 X』は、富士フイルムXマウント用の軽量コンパクトな大口径中望遠AFレンズ。焦点距離75mm(フルサイズ換算112.5mm相当)で開放F1.8の大口径レンズながら、重さわずか257g、69.3mm×Φ70mmのコンパクトサイズを実現。

2枚のHR(高屈折率)ガラスと3枚のED(超低分散)ガラスを採用し、画像の全領域で高い解像度とコントラストを実現。開放F1.8から抜群のシャープネスを誇り、ポートレートや風景撮影に適している。また、非球面ガラスを1枚も使用していないことによる、クリアで美しいボケ味が特徴。

リニアSTM(ステッピングモーター)を搭載した高速・高精度なAFは、静音性に優れ、動画撮影にも適している。カスタムスイッチを装備し、MF時のフォカースリングとしての機能だけでなく、MODE2には「プリセット絞り機能」を搭載。これにより、動画撮影時にカメラ側からの絞りコントロールによるノイズや振動を感じることなく、よりスムーズに被写界深度をコントロールすることができる。

外観デザインには、マットな仕上げや角度によって赤いリングが微かに見える”Hidden Red Ring”などSAMYANG第2世代AFレンズのデザインを採用。

 

 

 

主な特長

■画像の全領域で高い解像性能を実現

9群10枚のレンズ構成で、2枚のHR(高屈折)ガラスと3枚のED(超低分散)ガラスを使用。画像の中心から周辺部まで全領域で高い解像度とコントラストが得られる。また、SAMYANG独自のUMC(ウルトラマルチコーティング)により、逆光などの照明条件が悪い場合でも優れたシャープネスとクリアな画像を実現。

 

■クリアで美しいボケ味

開放F1.8の大口径による浅い被写界深度で、背景と被写体を切り離し、被写体を際立たせることができる。

また、非球面ガラスを1枚も使用していないため、クリアで美しいボケが実現。9枚羽根の円形絞りにより浅い被写界深度で背景を美しくボカすことができる。

 

■高速・高精度なAF

SAMYANGのリニアSTM(ステッピングモーター)は、被写体を正確かつ迅速に追尾。動画撮影時のAFは静音性に優れ、スムーズに作動する。小型・軽量な富士フイルムのミラーレスカメラと組み合わせて、ジンバルで使用するなど、動画撮影に適している。

 

■モダンなデザインと実用性の両立

外観デザインには、SAMYANG 第2世代AFレンズのデザインを採用。マットな仕上げと、鏡筒前面に微かに見える赤いリング”Hidden Red Ring”が、モダンな雰囲気を醸し出している。マイクロパターンのラバーフォーカスリングは、汚れを減らし、グリップ力を高める。また、合計5カ所にウェザーシーリングを施し、小雨や雪、ほこりからレンズを守る。

 

■カスタムスイッチとプリセット絞り機能

カスタムスイッチでフォーカスリングの機能を変更することができる。MODE1では、MF時にフォーカスリングを回転させて、ピントを正確に調整可能。MODE2では「プリセット絞り機能」が使用できる。AFでの動画撮影時に、クリック感のない絞りリングのように無段階で絞りを制御できるため、ノイズや振動がなくよりスムーズに被写界深度をコントロールすることができる。

 

 

 

仕様

焦点距離:75mm
明るさ:F1.8~F22
画角:21.9°(APS-C)
レンズ:構成9群10枚
絞り羽根:9枚
フィルター径62mm
最短撮影距離:0.69m
最大撮影倍率:0.13倍
大きさ:Φ70.0×69.3mm
重さ:257g(レンズキャップ・フードを除く)
イメージサークル:APS-C
対応マウント:富士フイルムXマウント
付属品:専用フード、フロントキャップ、リアキャップ

 

◉製品情報
https://www.kenko-tokina.co.jp/camera-lens/samyang/af75mm_f18_x.html

株式会社ケンコー・トキナー
http://www.kenko-tokina.co.jp/

vsw