シャープ、8K対応液晶テレビ『AQUOS 8K』2機種を発表


▲8T-C70BW1(左)/ 8T-C60BW1(右)

シャープは、BS4K・110度CS4Kチューナーを内蔵した8K対応液晶テレビ「AQUOS 8K」シリーズの新製品70型『8T-C70BW1』と、60型を11月9日に発売する。価格はオープンで、市場想定価格は『8T-C70BW1』が50万円前後、『8T-C60BW1』が35万円前後(ともに税別)。

本機は、高精細8K液晶パネルの性能を最大限に引き出す、新開発の8K画像処理エンジン「Medalist Z1」を搭載。地上デジタル放送や新4K衛星放送などの映像を超解像技術により8K情報量にアップコンバートし、高精細化。きめ細かく色鮮やかな美しい映像を表示する。

 また、「8Kスポーツビュー」映像モードを新たに搭載。8K表示によるきめ細かさに加え、倍速技術(120Hz)とボヤケ低減効果のある黒挿入技術により、動きの速い映像も滑らかにくっきりと映し出す。躍動する選手の姿を際立たせ、屋外フィールドの芝生などを明るく色鮮やかに表示するので、自宅でのスポーツ観戦を臨場感豊かに楽しむことができる。さらに、AIが視聴傾向を学習しておすすめ番組を知らせる「COCORO VISION」に対応するほか、動画配信サービスなどの各種ネットコンテンツも利用できる。

 

主な特長

1.高精細8K液晶パネルの性能を最大限に引き出す新開発の8K画像処理エンジン「Medalist Z1」を搭載

2.スポーツ観戦を臨場感豊かに楽しめる「8Kスポーツビュー」映像モードを新搭載

3.AIが視聴傾向を学習しておすすめ番組をお知らせする「COCORO VISION」に対応。動画配信サービスなど各種ネットコンテンツも楽しめる

 

◉製品情報
https://jp.sharp/aquos/lineup/bw1_spec.html

シャープ株式会社
https://jp.sharp/aquos/