シャープ、第5世代移動体通信方式(5G)による高精細8K映像のライブ伝送に成功


シャープは、株式会社NTTドコモおよび東武鉄道株式会社と連携し、第5世代移動体通信方式(以下、5G)により8Kの高精細映像をライブ伝送する実証試験に成功した。

本実証試験は、11月12日(月)および16日(金)に、栃木県日光市にて東武鉄道が運行する蒸気機関車「SL大樹」を使用して行われた。走行する「SL大樹」をシャープ社製8Kカムコーダー<8C-B60A>で撮影し、映像を線路脇に設置した基地局から5G無線で送信。SL車内に設置したシャープ社製8K対応液晶テレビ<8T-C60AW1>へライブ伝送した。基地局を3局配置した28GHz帯と1局配置した4.5GHz帯の二通りの周波数帯で試験を実施し、いずれも成功。また、28GHz帯の試験では、走行位置により接続する基地局が切り替わっても、8K映像が途切れずに表示されることも確認した。

移動環境における大容量の8K映像データの5Gによるライブ伝送が実証されたことで、観光分野などでの新たなサービスへの応用が期待できる。


▲走行列車での試験風景(線路脇での撮影)


▲走行列車での試験風景(車内での8K映像表示)

 

■ 実証試験の概要

実施日:2018年11月12日(月)および16日(金)
場所:栃木県日光市 東部鬼怒川線 新高徳駅付近 鬼怒川にかかる橋梁上
使用周波数:28GHz帯/4.5GHz帯
配信プロトコル:HLS(HTTP Live Streaming)
使用機器(シャープ製):8Kカムコーダー<8C-B60A>、 8K対応液晶テレビ<8T-C60AW1>

 

■ 実証試験構成イメージ(28GHz帯の場合)

 

シャープ株式会社
http://www.sharp.co.jp/