シグマ、約6100万画素フルフレームセンサー搭載ミラーレス一眼カメラ SIGMA fp Lを発表


株式会社シグマは、世界最小・最軽量のフルフレーム・ミラーレスデジタル一眼カメラ、SIGMA fpシリーズの有効約6100万画素のフルフレーム・ベイヤーセンサーを搭載した『SIGMA fp L』を4月16日に発売する。価格はオープンで、市場想定価格は本体のみが275,000円、外付け電子ビューファインダー『EVF-11』とのキットが330,000円(ともに税込)。

『SIGMA fp L』は、世界最小・最軽量のポケッタブル・フルフレーム、静止画/動画のシームレスな撮影機能、カスタマイズ自在の高い拡張性というSIGMA fpのコンセプトはそのままに、有効約6100万画素のイメージセンサーによる解像力を実現。クロップズーム機能を搭載し、高画素機ならではの画質と表現力を楽しむことができる。

また、コントラスト検出と位相差検出によるハイブリッドAFを搭載。被写体へのフォーカスの追従性が高く、ジンバルを使用した収録やワンオペレーション収録などマニュアルフォーカスが難しい場面でのフォーカス合わせに役立つ。

さらに、カメラ起動中のUSB給電機能を新たに搭載。屋外などコンセントのない環境でも、モバイルバッテリーなどを用いて給電しながら途切れなく撮影することができる。

 

 

主な特長

1)SIGMA 史上最高画素数約6100万画素

『SIGMA fp L』は、SIGMA史上最高画素数となる有効約6100万画素のべイヤーセンサーを搭載。高い解像感だけでなく、高画素ならではの高精細な描写と豊かな色彩表現を実現。加えて、原理的に偽色が発生しないFoveonセンサーの画質を踏襲し、fp Lにはローパスフィルターを搭載することでモアレの発生を極小まで抑えている。

2)クロップズーム

STILLモード・CINEモード共通で使えるクロップズーム機能を搭載。有効約6100万の画素数を活かし、最大の5倍ズームではFHDの解像度で記録することができる。純粋なクロップによるズームのためデジタル補完による画質の劣化がなく、さらにタッチパネル式LCDモニターを利用し、ピンチアウトによる直感的なズーム操作も可能。

3)ハイブリッドAF

高精度なコントラストAFに加え、fp Lには速度に優れた像面位相差AFを採用。ハイブリッドAFにより、高精度・高速かつ動体への追従性も高い快適なオートフォーカス撮影を、静止画でも動画でも楽しむことができる。

4)カメラ起動中のUSB給電に対応

カメラ起動中のUSB給電に対応で、屋外などコン㌣のない環境でもモバイルバッテリーなどを用いて給電しながら途切れなく撮影することができる。ウェブカメラとして使う場合はPCとUSB接続をするだけで、映像と音声の入力と同時にPCからの電源供給も行えるため、バッテリー切れの心配なく長時間の使用が可能。

 

 

製品紹介動画

 

◉製品情報
https://www.sigma-global.com/jp/special/fp-series/

株式会社シグマ
http://www.sigma-global.com/jp