ソニー、フルオブジェクトベースの立体音響技術によるリアルタイム配信を実現。宇多田ヒカルの無料配信イベントを実施


ソニーは、世界で初めてフルオブジェクトベースの立体音響技術によるライブのリアルタイム配信を実現し、立体的な音場に没入できる音楽体験「360 Reality Audio」の対応範囲を広げると発表した。

同社は独自の360立体音響技術を進化させ、「360 Reality Audio」による立体的な音と映像のリアルタイム配信を可能にすることで、ライブやコンサートを会場で楽しむようなリアリティをその場にいなくても同時進行で体験でできるとしている。

「360 Reality Audio」でリアルタイムに配信するライブの第一弾は、2023年1月19日に開催予定のアーティスト 宇多田ヒカルによる配信イベント『40代はいろいろ♫』。1万人限定の無料配信が予定されている。

今後、同社は音楽業界の関係者と連携しながら、「360 Reality Audio」によるライブのリアルタイム配信の事業化を推進し、立体的な音楽体験が可能な配信サービスの拡大を図っていくという。

 

 

1. アーティストやサウンドエンジニア向けに、制作環境を整備し、リアルタイム性と音質を両立させたリアルタイムエンコーダーを開発

同社はリアルタイム配信のための「360 Reality Audio」制作ツールを新たに開発し、サウンドエンジニアの制作環境を整備。同ツールによって、エンジニアは音源を自由かつ即座に配置でき、意図通りの立体感のある音づくりを実現するという。

加えて、音楽をサーバーに送信してユーザーに届けるために、位置情報を含めた音声データを一度圧縮(エンコード)するプロセスがあるが、高音質を保つためには、一定の処理時間がかかる。ライブ配信に重要なリアルタイム性の実現に向けて、同社は独自の音質処理アルゴリズムを開発。さらに、「360 Reality Audio」がオブジェクトベースの立体音響技術である点を生かして各音源(オブジェクト)に与えられる情報量(ビットレート)を自動的に最適化することで、聴覚上の品質を損なわずに、短時間の音声データの圧縮により映像と同期したリアルタイムでの配信を可能にしている。

 

2. 視聴者向けに、「360 Reality Audio」リアルタイム配信のアプリを開発

ユーザーが「360 Reality Audio」リアルタイム配信を楽しむためのアプリ「360 Reality Audio Live」を米国のソフトウエア会社Streamsoft Inc.と共同で開発。同アプリと手持ちのヘッドホンで新たなライブエンタテインメントが楽しめる。

さらに、同アプリにはリアルタイムチャット機能が搭載されており、アーティストと視聴者、視聴者同士によるリアルタイムのコミュニケーションを取ることができ、オンラインでも会場で参加しているような一体感を実現。

 

宇多田ヒカル 配信イベント『40代はいろいろ♫』のリアルタイム配信について

宇多田ヒカルが満40歳を迎える2023年1月19日(木)日本時間21時より、世界向けに配信する予定。1万人限定の無料ライブ。視聴にはアプリ「360 Reality Audio Live」とヘッドホンが必要。

 

 

◉宇多田ヒカル 配信イベント『40代はいろいろ♫』公式サイト
https://www.utadahikaru.jp/40iroiro/
 
◉360 Reality Audio Developerサイト
https://www.sony.co.jp/united/360RA_live/schedule/

 

ソニー株式会社
https://www.sony.jp/

vsw