ソニー、C-100/C-800Gを継承した単一指向性コンデンサーマイクロホンC-80を発売


ソニーは、ボーカルや楽器、ボイスコンテンツを自宅で録音し配信するクリエイター向けに、単一指向性コンデンサーマイクロホン『C-80』を12月9日より発売する。価格はオープンで、市場想定価格は60,000円前後(税込)。

『C-80』は、プロスタジオ用マイクとして定評のある『C-100』をベースにマイクカプセルを開発しており、最上位機種『C-800G』と同じ素材を振動膜に使用。特に中低域が重要なボーカルやボイス、ギターやピアノなどのアコースティック楽器を豊かに再現できる。また、口元をマイクに近づける際に発生する過度な低音域を抑制し、安定した収音を実現する。

 

 

 

ボーカルやボイス、ギターやピアノなどのアコースティック楽器の収音に適した設計

マイクの先端部分にある収音で重要な役割を果たす『C-80』のマイクカプセルは、プロスタジオ用マイクとして定評のある『C-100』をベースに開発しており、中低域の収音に適した直径25mmのカプセル。

また、マイクカプセル内で音の振動を電気信号に変換する振動膜には、最上位機種『C-800G』と同じ素材を使用。これにより、特に中低域が重要となるボーカルやボイス、ギターやピアノなどのアコースティック楽器を豊かに再現でき、ボーカルやボイスについては、広がりのある高域と豊かな中低域を両立し、芯の通った、存在感のある収音を実現する。


▲『C-80』のマイクカプセル

 

 

マイクに近づける際に発生する過度な低音域を抑制して安定した収音が可能

『C-80』は、マイクカプセルの背面側にも振動膜を配置するデュアルダイアフラム構造により、『C-100』と同等レベルの近接効果抑制を実現する。ボーカルやボイス収録などの際に口元をマイクに近づけても、安定した録音・配信が可能。

 

ノイズを抑えて自宅でもクリアな収音を実現

マイクボディには『C-800G』と『C-100』から継承した「防鳴筐体構造」を採用し、ボディの鳴きを低減することで濁り音を排除し、クリアな音を実現。また、屋外からの騒音、自宅内の機器などから発生する不要な低周波ノイズを抑制するローカットフィルター、過大な入力音による歪みを最小限に抑えるパッドスイッチ機能も搭載している。

▲ボーカルや楽器のレコーディング

▲ボイスコンテンツの録音・配信

 

主な仕様

 

 

◉製品情報
https://www.sony.jp/microphone/special/C-80/

ソニー株式会社
https://www.sony.jp/