ソニー、UHB伝送により高画質な4K信号の伝送と出力を実現するマルチフォーマットポータブルカメラ『HDC-5500』を発売


ソニーは、ウルトラハイビットレート(UHB)伝送に対応し、12G-SDIによるカメラ本体からの4K信号出力が可能なマルチフォーマットポータブルカメラ『HDC-5500』を5月5日に発売する。さらに、マルチフォーマットポータブルカメラ『HDC-3500』(既発売)などのHDシステムカメラと接続可能なカメラコントロールユニット『HDCU-3500』も併せて発売する。価格は、『HDC-5500』が約14,000,000円(システム構成により価格が異なる)、『HDCU-3500』が2,650,000円(ともに税別)。

 

▲写真左『HDC-5500』、写真右『HDCU-5500』

『HDC-5500』は同時発売のカメラコントロールユニット『HDCU-5500』と組み合わせることで、2系統の4K信号を双方向で同時に送受信できるUHB伝送を実現する。また、両機はベースバンドプロセッサーユニット(BPU)を介さずに、従来のHDカメラシステム同様、カメラヘッドからカメラコントロールユニット(CCU)まで光ファイバーケーブル1本で接続が可能で、省スペース化に貢献します。加えて、別売のHFRソフトウェア『HZC-HFR50』を『HDC-5500』にインストールすることで、4K 2倍速、HD 8倍速のハイフレームレート撮影に対応する。

『HDCU-5500』は、『HDC-5500』より伝送された4K映像をモニターなどの後段の機器にケーブル1本で非圧縮伝送できる12G-SDI端子を標準搭載しています。また、4K HDRライブ制作やSMPTE ST 2110方式によるIPシステムにも対応し、4K映像撮影を強力にサポートする。

『HDCU-3500』は、『HDC-3500』や『HDC-3100』、HDC-2000シリーズなど既発売のHDシステムカメラと組み合わせることができます。専用のオプションソフトウェアをインストールすることで、4K HDRの信号出力も可能。さらに、両機は内蔵メモリーへの記録機能にオプションで対応し、映像制作後段のワークフローの効率をさらに向上させる。

 

『HDC-5500』の主な特長

▲UHD TRUNKの活用例(HDC-P50の4K信号伝送&カメラ制御)

1. UHB伝送によるカメラコントロールユニットへの高画質な4K信号の伝送を実現
2. カメラ単体で12G-SDIによる4K信号出力に対応
3. グローバルシャッター機能付きイメージセンサー搭載で歪みのない高品質な4K撮影を実現
4. 4K HDRライブ制作にも対応
5. 従来の周辺機器を使用可能

 

『HDCU-5500』/『HDCU-3500』の主な特長

1. 12G-SDI出力端子を標準搭載
2. フルIPコントロールに対応
3. Webメニューコントロール機能

 

◉詳細情報
https://www.sony.co.jp/SonyInfo/News/Press/201904/19-031/

ソニー株式会社
https://www.sony.co.jp/