ソニー、4Kアップグレードに対応したシステムカメラのエントリーモデル HXC-FZ90と カメラコントロールユニットHXCU-FZ90を発表


▲マルチフォーマットポータブルカメラ『HXC-FZ90』(写真左)、カメラコントロールユニット『HXCU-FZ90』(写真右)

 

ソニーマーケティング株式会社は、4Kアップグレード*に対応したシステムカメラのエントリーモデル『HXC-FZ90』と、本カメラとの接続に対応するカメラコントロールユニット『HXCU-FZ90』を発表した。

同製品は、カメラ本体のみの『HXC-FZ90H』に加えて、20倍ズームレンズ及び7.4型有機ELビューファインダーを付属したパッケージモデル『HXC-FZ90S』の2モデルを発売する。発売日と価格(すべて税込)は以下のとおり。

*4Kアップグレードには有償のオプションソフトウェアが必要

型名 発売日 価格
マルチフォーマットポータブルカメラ『HXC-FZ90H』(カメラ本体のみ) 2023年冬 約2,200,000円
マルチフォーマットポータブルカメラ『HXC-FZ90S』(20倍ズームレンズ、7.4型有機ELビューファインダー付属) 2023年冬 約2,750,000円
カメラコントロールユニット『HXCU-FZ90』 2023年冬 約880,000円

 

『HXC-FZ90』は、2/3型 4K CMOSイメージセンサーを搭載し、高感度、高画質を実現したマルチフォーマットポータブルカメラ。カメラコントロールユニット『HXCU-FZ90』と光電気複合ケーブルで接続することで、最長350mの信号伝送と給電に対応したカメラシステムを構築できる。標準でHDフォーマットに対応しており、さらに有償のオプションソフトウェアを適用することで、4Kフォーマットに対応。

高画質・高機能かつコストパフォーマンスに優れたカメラシステムとして、イベント制作、スタジオ制作、スポーツ中継など、さまざまなライブ制作用途で活用できるとしている。

 

 

HXC-FZ90の主な特長

1. 4K出力に対応

『HXC-FZ90』に有償のオプションソフトウェアをインストールすることで、4K信号出力に対応。HDR/SDRの同時出力も可能。また、カメラ単体からも12G-SDIまたは6G-SDIでの4K信号を出力でき、スタンドアロン運用にも適している。

 

2. 光ファイバーケーブルによる長距離伝送に対応

マルチフォーマットポータブルカメラ『HXC-FZ90』とカメラコントロールユニット『HXCU-FZ90』を光電気複合ケーブルで接続すると、最長350mの信号伝送ならびにカメラへの給電が可能。また、シングルモード光ファイバーケーブルによる接続を行うことで最長10kmの信号伝送も可能となり、フレキシブルなシステム構築が可能。(シングルモード光ファイバーケーブルでの接続時には、カメラへのローカル給電が必要)

 

3. 各種データ伝送機能を搭載

同機は、HD Trunk(カメラ本体からカメラコントロールユニットへの信号伝送)・HD Prompter(カメラコントロールユニットからカメラ本体への信号伝送)に加えて、Network Trunk機能に対応。

HD Trunk機能により、『HXC-FZ90』で撮影中のHD映像信号に加えて、本機のSDI端子に入力したHD映像信号を、一本の光ファイバーケーブルでカメラコントロールユニットに同時に伝送できることに加え、Network Trunk機能によって、カメラ機器のネットワーク制御信号もやり取りすることが可能。

『HXC-FZ90』と、カムコーダーなどの光伝送機能を有しないカメラとを組み合わせて撮影する際に、カメラ映像やネットワーク制御信号の伝送用ケーブル敷設作業を軽減するなど、運用状況に応じたシステム構築が可能となる。

 

4. 高画質なデジタルエクステンダー機能を搭載

4Kイメージセンサーを搭載したことで、フルHDの高画質なデジタルエクステンダー(2倍)を実現。感度を維持しながら、被写体との距離を近づけた撮影が可能。

 

5. イヤフォンインターカム機能に対応

通常のインターカムヘッドセットでの通話に加えて、イヤフォンによる通話が可能。4極プラグに対応しているため、マイク付きの有線イヤフォンを利用できる。

 

◉製品情報
HXC-FZ90
https://www.sony.jp/system-camera/products/HXC-FZ90/

HXCU-FZ90
https://www.sony.jp/system-camera/products/HXCU-FZ90/

 

ソニー株式会社
https://www.sony.jp/

vsw