ソニー、「2019 NAB Show」に出展。マルチフォーマットポータブルカメラ『HDC-5500』などを展示


ソニーは、米国ラスベガスにて4月8日から開催される国際放送機器展「2019 NAB Show」に出展する。

「Powering Today, Transforming Tomorrow(パワリングトゥディ、トランスフォーミングトゥモロー)」をテーマに、マルチフォーマットポータブルカメラ『HDC-5500』や効率的な映像制作を実現する「IP Live(アイピーライブ)プロダクションシステム」など、次世代放送を見据えた最新製品群およびワークフローを幅広く展示。

ブースでは、8K×4K構成のCrystal(クリスタル)LEDディスプレイシステムで、臨場感と没入感のある迫力の映像が体験できる。8Kカメラシステム『UHC-8300』で撮影したモータースポーツの映像(8K/120p/HDR)や、映画制作用CineAlta(シネアルタ)カメラ『VENICE(ベニス)』で撮影したリオのカーニバル2019の映像などを上映する。

 

主な展示内容

 IP Liveプロダクションシステムを中心に拡充するライブソリューション

■マルチフォーマットポータブルカメラ『HDC-5500』(新製品)

ウルトラハイビットレート(UHB)伝送に対応し、12G-SDIによるカメラ本体からの4K信号出力が可能なマルチフォーマットポータブルカメラ。グローバルシャッター機能付き2/3型3板式4Kイメージセンサーを搭載し、歪みのない高速撮影を実現。カメラコントロールユニット(CCU)『HDCU-5500』と組み合わせることで、2系統の4K信号を双方向で同時に送受信できるUHB伝送を実現する。また、ベースバンドプロセッサーユニット(BPU)を介さずに、従来のHDカメラシステム同様、カメラヘッドからCCUまで光ファイバーケーブル1本で接続でき、省スペース運用に貢献します。さらに『HDCU-5500』にSMPTE ST 2110インターフェースキット『HKCU-SFP50』を搭載することで、IP Liveプロダクションシステムにも対応する。日本市場に向けては、2019年5月に発売予定。

■放送設備の効率活用をサポートするソリューション
「Live Element Orchestrator(ライブ・エレメント・オーケストレーター)」(新製品)

■映像制作用HD液晶モニターLMD-AシリーズのHDR対応により、「SR Live for HDR(エスアールライブ・フォー・エイチディーアール)」システム構成に新たな選択肢を提供

 

 高付加価値映像制作を実現するシステムとワークフロー

XDCAMメモリーカムコーダー『PXW-FS7M2(FS7II)』『PXW-FS7』のショルダースタイル運用を実現する専用アタッチメントキット『CBK-FS7BK』およびマウントアダプター『LA-EB1』(新製品)

『CBK-FS7BK』は、『PXW-FS7M2(FS7 II)』および『PXW-FS7』専用のアタッチメントキット。ストリーミングやファイル伝送を実現するネットワーク機能やワイヤレスオーディオレシーバーのスロットイン機能を持つ拡張ユニット、堅牢性の高いビューファインダー、放送用B4レンズ装着時でも肩に担ぐ際の安定感を最適化するショルダーパットを含む。FS7シリーズを従来のショルダーカムコーダーと同様に運用することができ、大判センサーによるボケ味のある印象的な映像をニュースやドキュメンタリーなど幅広いコンテンツに取り入れることができる。さらに、マウントアダプター『LA-EB1』によって、FS7シリーズへの放送用B4レンズの装着が可能になり、収録時のレンズの選択肢が広がる。日本市場に向けては、2019年12月発売予定。

▲『CBK-FS7BK』および『LA-EB1』装着時

 

映画制作用カメラCineAltaカメラ『VENICE』がハイフレームレート撮影に対応

デジタルワイヤレスマイクロホン『UWP-D21』『UWP-D22』『UWP-D26』およびマルチインターフェースシュー用のアダプター『SMAD-P5』(新製品)

『UWP-D21』『UWP-D22』『UWP-D26』は、高音質のワイヤレス伝送を実現するデジタルオーディオインターフェース対応のデジタルワイヤレスマイクロホンの新シリーズ。別売りのマルチインターフェースシュー(外部入力端子)用アダプター『SMAD-P5』との組み合わせで、XDCAM カムコーダーとの音声データのデジタル接続に対応し、ノイズを低減した高音質伝送を実現する。ボディパックトランスミッター(送信機)部は、従来機種より約20%小型化し、装着時の負担を軽減。周波数設定にはNFC SYNCを採用し、送信機と受信機をタッチすれば簡単に素早くチャンネル設定が可能となる。日本市場に向けては、2019年8月より順次発売予定。

▲『UWP-D21』

 

■SxS PRO X『SBP-240F』『SBP-120F』およびリーダーライター『SBAC-T40』(新製品)

放送局や教育の現場などにおける映像制作をサポートするソリューション

■Edge Analytics Appliance(エッジ・アナリティクス・アプライアンス)『REA-C1000』

■旋回型4Kリモートカメラ『BRC-X400』(新製品)

1/2.5型4K CMOSイメージセンサーと超解像40倍の高倍率ズーム機能を搭載したリモートカメラシステム BRCシリーズの最新モデル。水平約70度の広角撮影が可能で、限られた設置スペースでも広い範囲を撮影することができる。映像はSDI/HDMI/IPで出力できるほか、外部同期やタリーランプ、NDI|HXにも対応しているのがポイント。

 

◉詳細情報
https://www.sony.co.jp/SonyInfo/News/Press/201904/19-030/index.html

ソニー株式会社
https://www.sony.co.jp/