ソニー、国際短編映画祭「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア」のオフィシャルコンペティションを2021年度もサポート


ソニー株式会社は、米国アカデミー賞公認、アジア最大級の国際短編映画祭「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア(SSFF & ASIA)」が8月1日(土)より作品募集を開始した、2021年度の「オフィシャルコンペティション(インターナショナル部門、アジア インターナショナル部門、ジャパン部門)」を、今年度に続きサポートすることを発表した。

次世代のクリエイターの育成を通じて新たな感動の創出を推進する活動プラットフォーム「Sony Creators Gate(ソニークリエイターズゲート)」の取り組みの一環で、これからの映像文化や潮流を生み出すクリエイターの登竜門として支援することを目的としている。

また、今回から新たに、「スマートフォン 映画作品部門 supported by Sony」が始動。スマートフォンで撮影した25分以内のショートフィルムを世界から公募する。本部門は、スマートフォン Xperi を展開するソニーモバイルコミュニケーションズ株式会(ソニーモバイル)が、クリエイターの表現の幅とチャレンジの機会をさらに広げ、スマートフォンならではの新しい映像クリエイティブの創出を目的としてサポートする。

2020年9月に開催のSSFF & ASIA 2020では、ソニーとソニーモバイルが共同で、新しい映像文化や潮流を次世代クリエイターと一緒に探求する「Creators’ Junction partnered with Xperia」のイベントを9月28日(月)に実施。『萌の朱雀』『あん』などの代表作をもつ映画監督の河瀨直美さんやスペシャルゲストを迎え、映画祭代表である別所哲也さんがモデレーターとして、ニューノーマル時代の映像クリエイティブの在り方やスマートフォンでの映画制作の可能性など、これからの作品応募に向けたヒントに迫るトークセッションを展開する。

 

■米国アカデミー賞へのパスポートとなる「オフィシャルコンペティション」を2020年度に続きサポート

世界中のクリエイターが参加する国際短編映画祭「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア 2021」のオフィシャルコンペティション(インターナショナル部門、アジア インターナショナル部門、ジャパン部門)をサポート。米国アカデミー賞短編部門へのパスポートとなるこのアワードを、これからの新しい映像文化や潮流を生み出す次世代クリエイターの登竜門として支援。

◉本プロジェクト特設サイト: https://www.shortshorts.org/sony/

 

■さらなる可能性を広げる「スマートフォン 映画作品部門」が新たに始動

今回から新たに、「スマートフォン 映画作品部門 supported by Sony」が始動。スマートフォンで撮影した25分以内のショートフィルムを世界公募する。本部門は、スマートフォン Xperiaを展開するソニーモバイルが、クリエイターの表現の幅とチャレンジの機会をさらに広げ、スマートフォンならではの新しい映像クリエイティブの創出を目的としてサポートする。

 

■イベント「Creators’ Junction partnered with Xperia 」 概要

ニューノーマル時代の映像クリエイティブの在り方やスマートフォンでの映画制作の可能性など、これからの作品応募に向けたヒントに迫るトークセッションを展開
・開催日時:2020年9月28日(月)20:00スタート予定
・出演者:映画監督 河瀨直美さん/映画祭代表 別所哲也さん/他スペシャルゲスト
・参加方法:イベントの模様はオンラインで配信予定。
      2020年8月15日(土)14:00 より視聴URLを公開。
◉Creators’ Junction partnered with Xperia特設サイト

 

 

■SSFF & ASIA 2021 募集概要

募集期間:2020年8月1日(土)00:00より開始 ※応募締切は各部門によって異なる。
応募方法・応募に関する詳細: SSFF & ASIA 2021作品募集ページを参照。
発表方法:2021年4月末までに、ウェブサイトにて上映作品を発表予定。

SSFF & ASIA 2021作品募集ページ: https://www.shortshorts.org/ja/creators/

 

ソニー株式会社
https://www.sony.jp/