ソニー、AI を活用したPTZ オートフレーミング機能搭載の4K旋回型カメラSRG-A40 / A12を発表


ソニーは、AI を活用したPTZ オートフレーミング機能搭載の4K対応の旋回型カメラ『SRG-A40』と『SRG-A12』を6月15日より発売する。カラーはともにホワイトとブラックの2色展開。価格はオープンで市場想定価格は『SRG-A40』が464,000 円前後、『SRG-A12』が391,000 円前後(ともに税込)。

両機は、リモートコントロールによるパン・チルト・ズームのカメラワークが可能なことに加え、新たに「PTZ オートフレーミング機能」をカメラ本体内に搭載。「PTZ オートフレーミング機能」は、AI の活用によって狙った被写体(人物)を自動で追尾し、被写体の動きに合わせて構図まで調整しながらカメラが自動旋回する。これにより、カメラを操作するオペレーターが不在であったり、カメラ操作に慣れていないオペレーターでも、カメラ自体が被写体を捉え続けながら自然な構図で映像を撮影できる。

『SRG-A40』『SRG-A12』は1/2.5 型 4K CMOS イメージセンサーExmor Rを搭載し、4K で最大30fps、フルHD で60fps 撮影に対応。

『SRG-A40』は光学20 倍ズームに加え、ソニー独自の画像処理技術で解像感を保ったままズーミングが可能な全画素超解像ズームにより、4K で最大30 倍まで撮影が可能。

両機はテレコンバートモードに対応し、『SRG-A40』は80 倍、『SRG-A12』は24 倍まで対応し、広いホールや講義室でも、全体の俯瞰映像から被写体のクローズアップまで1 台で撮影することができる。また、予め登録したカメラの向きやズーム情報を呼び出すプリセット機能を備え、迅速な操作で効率的な運用が可能。

 

 

 

AI を活用した「PTZ オートフレーミング機能」

AI を活用し、被写体を自動追尾する「PTZ オートフレーミング機能」をカメラ本体に内蔵。被写体(人物)の動きに合わせてカメラが自動で追尾するだけでなく、自然な画角を自動で調整し撮影を行うことができる。軽いお辞儀など被写体の微細な動きでも、自然なカメラワークを実現。

さらに、被写体のクローズアップや上半身、全身の3 つのアングルから画角を選択したうえで、構図を微調整することも可能。自動起動設定をオンにすることで、カメラの電源を入れると同時に「PTZ オートフレーミング」を自動的に開始することができる。

「PTZ オートフレーミング機能」の開始や停止は、付属の赤外線リモコンからボタン一つで制御できるので、カメラ操作に慣れていない方でも自動撮影が容易に行えるという。

また、骨格検出、頭部位置検出、特徴マッチングなど複数の認識技術を組み合わせることで、マスクをしている被写体の追尾をはじめ、精度の高い自動追尾を実現。タリーランプの点灯によって、被写体はPTZ オートフレーミングが実行中であることを確認することができる。

▲AIを活用した「PTZオートフレーミング機能」

 

 

 優れた画質性能

暗所でも高感度・低ノイズでの撮影が可能な4K 対応裏面照射型CMOS イメージセンサー Exmor R を搭載し、人物の表情や講義での板書文字などを4K ならではの高精細映像をとらえることができる。また、フルHD 撮影時も4K からのオーバーサンプリングにより高品位な映像の撮影が可能。

『SRG-A40』は超解像ズーム使用時にフルHD 解像度で40 倍、4K 解像度で30 倍の高倍率ズームが可能で、ホールの後方からでも演者の表情をとらえることができる。

▲ AIを活用した「PTZオートフレーミング機能」

 

 

高い接続性と優れた設置性

3G-SDI およびHDMI 接続に対応し、離れた場所でのモニタリングや映像収録などさまざまなシステムに対応。 また、NDI |HXにも対応しており、スイッチャーやメディアサーバーなどネットワーク上のNDI 対応機器と接続することが可能。VISCA/VISCA over IP のほかCGI にも対応し、外部コマンドによるカメラのリモート制御も可能。さらに、 PoE++(Power over3/3Ethernet Plus Plus)規格対応のネットワーク機器に接続することで、LAN ケーブルでの給電にも対応。

また、Virtual Webcam Driver のソフトウェアを介することで本機を最大 5 台まで同時にネットワーク接続し、リモート会議などにおいて、高品質な画質で配信することができる。

設置に関しても柔軟性が高く、ワイド端では水平画角約70°の広角撮影が可能なため、小会議室における卓上設置や天井設置など幅広い環境に対応。

 

 

効率的なワークフローを実現するプリセット機能

カメラの向きやズーム、フォーカスなどの情報を最大256 個登録することができます。プリセットした情報の呼び出し時は、最大300°/秒(パン)、最大126°/秒(チルト)の速さで、カメラを向けたい場所に瞬時に照準を合わせることができる。また、旋回中に静止画を出力するPicture Freeze Preset 機能を使うことで、1台でも違和感のない運用が可能。

 

 

◉製品情報
『SRG-A40』 https://www.sony.jp/brc/products/SRG-A40/
『SRG-A12』 https://www.sony.jp/brc/products/SRG-A12/

ソニー株式会社
https://www.sony.jp/

vsw