ソニー、XAVC S / XAVC HSのビューイングやクリップ管理のPCアプリケーション Catalyst Browse Version 2020.1等の提供を開始


ソニーは、同社製カメラで撮影したXAVC S、XAVC HSのビューイングやクリップ管理をする為のPCアプリケーション「Catalyst Browse Version 2020.1」の無償提供を12月1日より開始した開始した。また、Browseの機能に加えて簡単なタイムライン編集などが行える「Catalyst Prepare Version 2020.1」の有償提供も開始。

このバージョンより、撮影時の手ブレ補正メタデータを利用した高速・高精度な手ブレ補正機能が『α7S III』、『α7C』、『RX0Ⅱ』、『RX100 VII』、『Vlogcam ZV-1』でも利用できるようになった。同アプリケーションの対象OSは、OS Windows 10およびmac OS 10.13, 10.14, 10.15。

 

デジタルイメージング アプリケーション・ソフトウェアの情報
https://support.d-imaging.sony.co.jp/app/disoft/ja/

Catalyst Browse (無償)
https://www.sonycreativesoftware.com/download/catalystbrowse

Catalyst Prepare(有償)
 https://www.sonycreativesoftware.com/download/catalystprepare

 

ソニー株式会社
https://www.sony.jp/