ソニー、強力なブレ補正機能を搭載した業務用ウェアラブルカメラ『TECU-001』を発売


ソニーは、強力なブレ補正機能を搭載し、暗所性能を強化した業務用ウェアラブルカメラ『TECU-001』を8月24日に発売する。は価格はオープン(市場推定価格は280,000円前後)。

『TECU-001』は、フルHD(1920×1080)高解像度の業務用ウェアラブルカメラ。警備・救急・消防などの領域で、リアルタイムな映像共有や作業状況の動画記録など、動画情報の活用ニーズに応える。

◉主な特長
1. 強力なブレ補正機能を搭載し、安定した高画質の映像を実現
電子式の強力なブレ補正機能を搭載。約1,110万の有効画素の余裕部分を補正領域として活用することで、上下左右と回転方向における映像のブレを吸収、歩行時や走行時の振動の影響が少なく見やすい映像の撮影が可能。民生用カメラ商品の手ブレ補正技術をベースに、業務用途での動作に合わせて、補正する揺れの振動周波数や補正領域の範囲を最適化する。

2. 頭部および胸部装着に適した薄型・分離式のカメラヘッド
カメラヘッド部は薄型デザインの小型・分離式を採用しており、頭部や胸部への装着が可能。視線と連動した手元の撮影が要求される場合は頭部、広角・広域での画像が必要とされる場合は肩部に比べて安定した映像を得ることが可能な胸部に装着するなど、用途に応じて装着位置を選択できる。(専用クリップが付属)

3. 暗所での視認性を向上
1/2.3型 Exmor R CMOSイメージセンサーを搭載し、2.0ルクスというウェアラブルカメラとして最高レベルの高感度を実現。また、セキュリティーカメラ商品で培った暗所撮影技術を基に、最適な画質チューニングにより暗所での視認性も向上。

4. USBインターフェースを介した映像取得、外部制御が可能
専用SDK(Software Development Kit)を利用しソフトウェア開発を行うことで、USBインターフェース経由での映像取得および機器の外部制御できる。専用SDKを利用してスマートフォンのアプリケーションソフトウェアを開発することで、スマートフォンを経由して遠隔地と映像を共有することも可能。

5. その他の主な特長
・SDメモリーカードに映像を記録
本体内に挿入したSDメモリーカードにフルHD、30fpsの映像を記録可能(30fpsで約8時間)

・USB外部電源に対応
USB電源入力を備え、内蔵バッテリーに加えモバイルバッテリーを利用することで長時間の連続駆動が可能

◉製品詳細はこちらから