ソニー、5Gミリ波帯対応デバイス『Xperia PRO』の開発を発表。HDMI接続でモニターとしても使える。


ソニーは、プロフェッショナル向けソリューションにも対応した 5G ミリ波帯対応デバイス『Xperia PRO』の開発を発表した。

『Xperia PRO』は、映像制作などプロフェッショナル向けソリューションにも対応した、5G ミリ波帯対応デバイス。「Xperia 1 II」 に搭載しているカメラ機能やディスプレイなどを有し、高品質な動画視聴や写真撮影が可能。

 

主な特長

■ ソニー独自の4方向に配置したアンテナ技術と低誘電率素材により、通信の安定性を保持するのが難しい5G ミリ波帯において、360 度全方位の通信の受信感度を高め、超高速でのデータ送受信を実現。また、5G ミリ波の接続している方向や通信のデータ送受信速度を画面上に表示する独自の通信解析機能を搭載。通信状況を視覚化し確認可能になることで、プロフェッショナルの映像伝送のワークフローをサポートする。

■ 独自の熱を拡散する構造により、通信環境を最適に保ち、高画質の映像伝送が 必要な際に長時間の使用を実現する。

■ HDMI接続に対応。レンズ交換式デジタル一眼カメラやプロフェッショナル向けカム コーダーなどのモニターとして利用しながら、撮影中の映像データを、5G 通信でサーバーやクラウドなどに伝送することが可能。これにより、本デバイス単体で撮影か ら映像確認、データ伝送まで実現。

▲microHDMI接続でモニターとして使える。

 

▲発表会の模様

◉詳細情報
https://www.sony.co.jp/SonyInfo/News/Press/202002/20-014/

ソニー株式会社
https://www.sony.jp/