タムロン、富士フイルムXマウント用の超望遠ズームレンズ150-500mm F/5-6.7 Di III VC VXDを発表


株式会社タムロンは、ミラーレス一眼カメラ対応の富士フイルムXマウント用超望遠ズームレンズ『150-500mm F/5-6.7 Di III VC VXD (Model A057)』を10月13日より発売する。価格は、209,000円(税込)。

『150-500mm F/5-6.7 Di III VC VXD』は、35mm判換算で225 -750mm相当をカバーする富士フイルムXマウント用超望遠ズームレンズ。コンパクトなサイズとズーム全域で画面の中央から四隅まで非常に高い描写性能を両立。

リニアモーターフォーカス機構VXD (Voice-coil eXtreme-torque Drive)や、同社独自開発の手ブレ補正機構VC (Vibration Compensation)を搭載しており、超望遠域での手持ち撮影をサポートする。また、広角端での最短撮影距離は0.6mと迫力のあるクローズアップ撮影が可能。

750mm(35mm判換算時)相当の超望遠域をカバーしながらも、長さ209.9mm、最大径φ93mmの小型化を実現。望遠端に伸ばした場合でも長さ約284.9mmに抑えている。また、広角端から望遠端のズームリング回転角は75°と小さく、最小限の動作で狙った画角に素早く合わせることができる。

レンズ構成は16群25枚。特殊硝材XLD (eXtra Low Dispersion)レンズ1枚と、LD (Low Dispersion: 異常低分散)レンズ5枚、さらに2枚の複合非球面レンズを使用することで、軸上色収差をはじめとした諸収差を徹底的に抑制。また、フルサイズミラーレス用に設計されたレンズなため、ズーム全域で画面中央から四隅まで高画質な描写性能を実現。

 

<MTF曲線図>

 

 

『150-500mm F/5-6.7 Di III VC VXD』は、リニアモーターフォーカス機構VXDを採用し、高速・高精度な動作で、快適なピント合わせが可能。また、リニアモーターは、従来の駆動方式と比べてAF駆動時の振動が発生しにくくモーター音が静かなため、静かな環境下での静止画撮影、動画撮影にも適している。

鏡筒の径小化を図りながら手ブレ補正機構VCを搭載し、優れた手ブレの補正効果を発揮するため、手ブレによる像の不鮮明化を効率よく軽減することができる。3つの補正モード(モード1:通常、モード2:流し撮り専用、モード3:フレーミング重視)を切り替えるスイッチを搭載しており、撮影条件や好みに応じて最適な手ブレ補正モードを選択することができる。

最短撮影距離は、広角端で0.6m、望遠端で1.8mと、超望遠レンズとして優れた近接撮影能力を発揮する。特に広角端の最大撮影倍率は1:3.1(35mm判換算1:2.1相当)と高く、花や昆虫といった被写体を従来の超望遠ズームではできなかった適度な撮影距離を保ちながら迫力あるテレマクロ撮影が可能。

利便性を追求した機能として、ストラップホール付きのアルカスイス対応三脚座を標準装備。保護用ラバーを採用した付属のレンズフードや、操作性をさらに向上させたスイッチデザイン、使い勝手をサポートするフレックスズームロック機構、マニュアルフォーカス時に便利なMF SPEEDスイッチを搭載している。

 

仕様

モデル名:A057
焦点距離:150-500mm <APS-Cサイズ ミラーレス一眼カメラ使用時>  (35mm判換算:225-750mm相当)
明るさ:F5-6.7
画角:(対角画角:10゜59′- 3゜18′<APS-Cサイズ ミラーレス一眼カメラ使用時>
レンズ構成:16群25枚
最短撮影距離:0.6m (WIDE)/1.8m (TELE)
最大撮影倍率:1:3.1 (WIDE)/ 1:3.7 (TELE)
フィルター径: φ82mm
最大径:φ93mm
長さ:209.9mm
質量:レンズ本体1,710g、三脚座155g
絞り羽根:7枚 (円形絞り)
最小絞り:F22-32
標準付属品:丸型フード(ラバー付)、三脚座、レンズキャップ
対応マウント:富士フイルムXマウント用

 

 

◉製品情報
https://www.tamron.jp/product/lenses/a057.html

株式会社タムロン
https://www.tamron.jp/