タムロン、新しい大口径標準ズームレンズ20-40mm F/2.8 Di III VXDを開発発表


株式会社タムロンは、フルサイズミラーレス一眼カメラ対応のソニー Eマウント用大口径標準ズームレンズ『20-40mm F/2.8 Di III VXD (Model A062)』の開発を発表した。発売は2022年秋予定で、価格は未定。

『20-40mm F/2.8 Di III VXD』は、普段使いに最適な携帯性を徹底的に追求した、フルサイズミラーレス一眼カメラ対応ソニー Eマウント用の新たな大口径標準ズームレンズ。

20mmから40mmのズーム全域で大口径F2.8を達成しながら、長さ86.5mm、重さ365gと、クラス最小・最軽量サイズを実現。望遠端は、スナップやポートレート、テーブルフォトなど、普段使いに便利な標準域40mmまでをカバー。一方、広角端を20mmとしたことで、従来の24mm始まりの大口径標準ズームレンズでは表現できない、パースペクティブを活かした壮大で、迫力のある自然風景など、幅広い撮影を楽しむことができる。

ズーム全域で美しい写りを実現し、静止画撮影だけでなく、Vlogなどの動画撮影にも活躍するという。AF駆動には静粛性・俊敏性に優れたリニアモーターフォーカス機構VXD (Voice-coil eXtreme-torque Drive)を採用し、高速・高精度なAFを実現。

さらに、広角端で最短撮影距離0.17m、最大撮影倍率1:3.8と近接撮影能力も高く、ワイドマクロのような撮影ができることも特長としている。

 

 

主な特長

1. クラス最小・最軽量の20-40mmをカバーするF2.8通し大口径標準ズームレンズ

2. Vlogや自撮りなどの動画撮影も快適に

3. 高画質とコンパクトボディの両立

4. VXD搭載により高速高精度AFを実現

5. 広角端で最短撮影距離0.17m、最大撮影倍率1:3.8のワイドマクロ撮影が可能

6. ズーム回転角65°、流れを止めないスムーズな撮影が可能

7. 独自開発した専用ソフトウェア「TAMRON Lens Utility」による、フォーカスリングのカスタマイズやファームウェアのアップデートが可能

8. 新レンズデザイン採用により、操作性や耐擦傷性を向上

9. 弊社ミラーレス用レンズシリーズの多くと共通のフィルター径φ67mmを採用

10. 簡易防滴構造、防汚コートによる高い利便性を追求

11. ソニー製カメラに搭載されている「ファストハイブリッドAF」「瞳AF」など各種カメラ機能に対応

 

株式会社タムロン
https://www.tamron.jp/