焦点工房、銘匠光学TTArtisanの富士フイルムXマウント用レンズ「AF 35mm f/1.8 ED」を発売


株式会社焦点工房は、銘匠光学 TTArtisanの富士フイルムXマウント用単焦点レンズ『AF35mm f/1.8 ED』を12月12日より発売した。価格は 29,000円(税込)。

『AF35mm f/1.8 ED』は、APS-Cセンサー用のAF大口径標準レンズ。EDレンズを含む8群10枚のレンズ構成で、良好な画質を実現。金属製の鏡筒と付属のフードは上質な質感を持ち、ピントリングは心地よい操作感となっている。

STM(ステッピングモーター) + リードスクリュータイプの駆動方式を採用し、スムーズで静かなオートフォーカスが可能。容易に決定的瞬間を捉え、滑らかな動画撮影や瞳AFにも対応。動画AFや瞳AFは、高性能な像面位相差AFを搭載したカメラのみ対応。

 

リアキャップにはUSB端子を設けており、PCと接続してファームウェアアップデートが行える。(Mac非対応)。

 

仕様

対応マウント:富士フイルムX
焦点距離:35mm(35mm判換算:54mm相当)
フォーカス:AF(オートフォーカス)
レンズ構成:8群10枚(ED特殊低分散レンズ1枚、高屈折レンズ2枚)
対応撮像画面サイズ:APS-C
最短撮影距離:0.6m
絞り:F1.8-F16
絞り羽根:9枚
フィルター径:52mm
サイズ:Φ65×60mm (マウント部除く)
質量:約200g

 

レンズ構成/MTF図

8群10枚(ED特殊低分散レンズ1枚、高屈折レンズ2枚)

 

 

 

◉製品情報
https://www.stkb.jp/shopdetail/000000001933

株式会社 焦点工房
http://www.stkb.co.jp

vsw