LUMIX S1HのVer.2.0のファームアップにおける「ProRes RAW出力」は次のファームウェアに延期。早期提供を目指して開発を継続。


4月21日にこちらで告知したLUMIX S1Hのファームアップ情報はATOMOS Ninja Vとの連携でProRes RAW記録が可能になるという部分が最大のポイントだったが、パナソニックでは、諸般の事情により開発に遅れが生じており、ATOMOS社との協議の上、5月25日公開のファームウェアVer.2.0での提供を見送ることになったと発表した。

パナソニックでは、「本機能については、現在ATOMOS社と連携し、次のファームウェアバージョンでの提供に向けて開発を継続しており、少しでも早い提供を目指す」としている。

それ以外の機能改善、性能強化については変更はない。

Ver.2.0のダウンロードはこちらから。

DC-S1H ファームウェア Ver.2.0に関するお詫びとお知らせはこちら