ローランド、イベント映像配信のオペレートを1台で行えるダイレクト・ストリーミングAVミキサー「VR-120HD」を発売


ローランドは、イベントでの映像演出や音声調整、収録、ライブ配信までを1台で行えるダイレクト・ストリーミングAVミキサー「VR-120HD」を2023年2月下旬に発売する。価格はオープンで、市場想定価格は880,000円前後(税込)。

■主な特長

同製品はイベントでの映像演出や音声調整、ライブ配信まで1台で行える充実機能を備えた最新AVミキサー。複雑な操作や設定を記憶し、オペレーションを自動化できるシーンやマクロ、シーケンサー機能で作業を省力化。PCを使わず本体からダイレクトにインターネット配信が可能。

また、さまざまな映像フォーマットに対応する12系統の映像入力を装備。PCやタブレット、ゲーム機などを接続して映像を取り込むことができる。8つのレイヤー機能を備え、テロップ挿入やピクチャー・イン・ピクチャーなどの映像合成を自在に行える。最大8系統の映像出力ができ、会場の大型ビジョンやライブ配信用のPCなどにフレキシブルな映像出力が可能。さらに、インターネットへのストリーミングにも対応し、PCを使わず本体のみで安定した配信を行うことができる。

さらに、本体に42チャンネルのオーディオ・ミキサー機能を装備。6系統のXLR/1/4インチ・コンボ入力には高品位なマイク入力回路も搭載。その他、4系統のRCA入力、HDMIやSDI、USB、Bluetoothを介しての音声入力に対応し、EQやリバーブをはじめ、本格的なエフェクトも内蔵している。また、本体パネルの8個のパッドに効果音やアナウンス音声を取り込み、タイミングよく再生できるオーディオ・プレーヤー機能も備えている。

▲グラフィカルに操作できるEQ画面

 

■詳細

8系統の画面レイヤー機能。イベント会場、オンライン配信、それぞれの視聴者に向けて最適な映像送信
映像を演出するためのレイヤー機能を8系統備え、メイン・プログラム、サブ・プログラム、その他の出力それぞれに割り当て可能。ピクチャー・イン・ピクチャーやクロマキー、テロップの挿入など、視聴者に向けて効果的な映像を送ることができる。 3系統のSDI出力と3系統のHDMI出力を装備し、イベント会場のスクリーン、出演者用のモニター、さらにはオペレート用のマルチ・ビュー、オンライン配信など、それぞれの出力に最適な映像を送り出すことが可能。本体のタッチ・パネルに表示されるビデオ・マトリックスは、指でスムーズに操作できる。本体から直接インターネットに出力可能なイーサネット端子や、最大60 FPSのUSBストリーミング出力に対応し、高品質の映像を視聴者に提供可能。また、SDXCカードへの同時記録にも対応し、イベント映像を録画して後で編集したり、再配信に利用することも。

プロクラスのデジタル・オーディオ・ミキシング
『VR-120HD』は、プロクラスのオーディオ・ミキシング機能を装備し、映像に加えてオーディオ信号もオペレートすることができる。各音声ソースを自由に割り当て可能な8本のフェーダーでの直感的なミキシングはもちろん、パネリストの多いイベントでは、発言に合わせて各チャンネルの音量を自動でミキシングし、オペレーターの負担を軽減することが可能。2系統のAUXバスなど、汎用性の高いルーティング機能を備えているので、例えば、ステージと控え室のそれぞれに最適なモニター音声環境を構築することも。すべての入力/出力にEQ、ダイナミクスの処理が行え、ライブ演奏時には高品位なリバーブを付加することも可能。さらに、マイク使用時の不快なハウリングやフィードバックを除去したり、グラウンド・ノイズを抑制することができる機能を備えている。

ボタンを押すだけで操作を自動で再現。現場の作業を大幅に省略化
視聴者に届ける映像の選択、画面構成や音声の設定などを「シーン」(最大32種)に登録し、すぐに呼び出すことが可能。「マクロ」には、進行に合わせた一連の操作を記憶(最大100種)させることができ、簡単なボタン操作で再現。複雑な操作に追われることなく、スムーズに作業を進めることができる。さらに、イベントの台本に合わせてシーケンサーに「シーン」や「マクロ」を登録(最大1,000ステップ)し、ワンタッチで台本に沿った操作を呼び出すことが可能。現場でのオペレーションを大幅に省略化することができる。

▲真上からの様子

 

▲背面

 

■主な仕様

  • 外形寸法︓437(幅)×304(奥行)×109(高さ)mm
  • 質量︓5.3 kg

 

製品情報
https://proav.roland.com/jp/products/vr-120hd/

ローランド株式会社
https://proav.roland.com/jp/