ZOOM、32bitフロート録音に対応の8チャンネル入力フィールドレコーダー F8n Pro を発売


株式会社ズームは、32bitフロート録音に対応の8チャンネル入力の業務用フィールドレコーダー『F8n Pro』を3月より発売する。価格はオープンで、市場想定価格は148,500円前後(税込)。

映画や放送用途の業務用フィールドレコーダーの『F8n』が、32bitフロート録音に対応して新たに発売。ローゲイン用とハイゲイン用2つのADコンバータ(デュアルADコンバータ)を搭載し、大音量でも音割れなく、微小な音でも高いS/N比を実現。

入力信号は録音時の解像度を保持できる32bitフロートのWAV形式で記録され、録音後にノーマライズ処理を行っても、元の解像度を保った劣化のない音を再現。

デュアルADコンバータ&32bitフロート録音の組み合わせにより、ゲイン調整不要で音割れのないオーディオ録音を可能にする。また、32bitフロート対応の8イン/4アウトのUSBオーディオインターフェイスとして利用することも可能。

▲本体背面

 

 

主な特長

・圧倒的なダイナミックレンジを実現するデュアルADコンバータ
・録音時の解像度を保持できる32bitフロートレコーディング対応 (16bit/24bitも選択可能)
・8チャンネル入力、最大10トラック(8ch+L/R)同時録音
・最高192kHzサンプリング/32bitフロートWAVフォーマットのハイレゾ録音
・最大75dBのゲイン、EIN -127dBu以下の超低ノイズフロア設計の高品位プリアンプ
・8系統のロック機構付きNeutrik XLR/TRSコンボ入力
・マイク/ライン(+4dBu対応)の入力ソース切替が可能
・映像との正確な同期を実現する、24時間で誤差 0.5フレーム以内の高精度なタイムコード
・ピークを先読みしてオーバーロードを未然に防ぐAdvancedリミッター
・複数のマイク入力のレベル合わせを自動的に行うZOOMオートミックス機能
・3電源対応:単3電池×8本、外部DC電源、12V ACアダプタを使用可能
・各チャンネルに独立のトラックノブ、6セグメントLEDレベルメーター、PFL/ソロスイッチ
・2系統のミニXLR(TA3)バランス仕様のメイン出力と、ステレオミニ仕様のサブ出力を装備
・ボリュームコントロール付きヘッドフォン端子 (出力100mW)
・2.4インチフルカラー、バックライト付きLCD (モノクロモード付き)
・最大1TB SDXC対応のダブルSDカードスロット
・スイッチ付きスレートマイク/スレートトーンを内蔵
・8イン/4アウト、最高96kHz/32bitフロート対応のUSBオーディオインターフェイス機能
・内蔵SD カードへの録音と同時に、USBオーディオ出力でPCへのバックアップ録音が可能
・VR マイクを使用した360°空間音声のレコーディングが可能になるAmbisonicモード内蔵
・Bluetooth接続で、Android*/iOS用アプリ「F8 Control」からリモートコントロール
・別売ミキサー型コントローラー「F-Control」で、フィジカルなフェーダー操作が可能
・別売ZOOMマイクカプセルを接続可能 (XAH-8、EXH-8、VRH-8は非対応)

 

 

◉製品情報
https://zoomcorp.com/f8npro/

株式会社ズーム
https://zoomcorp.com/ja/jp/