ズーム、32bitフロート録音に対応した6チャンネル入力の業務用フィールドレコーダー『F6』を発表


株式会社ズームは、32bitフロート録音に対応した、6チャンネル入力の業務用フィールドレコーダー「F6」を2019年7月下旬に発売する。価格はオープンで、市場想定価格は67,000円前後。

プロ仕様のフィールドレコーダーとして高く評価されている『F8n』の約半分サイズのコンパクトボディ(幅100 x 奥行119.8 x 高さ62.9 mm)に、6系統のXLRバランス入力と、ゲインの異なる2つのADコンバーターを使用したデュアルADコンバーターを搭載。1つのADコンバーターでは到達不可能な圧倒的なダイナミックレンジを提供し、大音量でも音割れなく、微小な音でも高いS/N比を実現。

さらに、フィールドレコーダーとして初めて、録音時の解像度(ビット深度)を保持する32bitフロート(浮動小数点)録音に対応し、録音後にノーマライズ処理を行っても、元の解像度を保った劣化のない音を再現。デュアルADコンバーターと32bitフロート録音の組み合わせにより、ゲイン調整による失敗のない最良のオーディオ収録を可能にする。

主な特長

・6チャンネル入力、最大14トラック([32bitフロート+24bitリニア] x 6ch+L/R)同時録音
・最高192kHz/32bitフロートWAVフォーマットのハイレゾ録音
・32bitフロートWAVと、24bitまたは16bitリニアWAVを同時録音するDualモード
・最大75dBのゲイン、EIN -127dBu以下の超低ノイズフロア設計の高品位プリアンプ
・6系統のロック機構付きNeutrik XLRインプット
・マイク/ライン(+4dBu対応)の入力ソース切替が可能
・映像との正確な同期を実現する、24時間で誤差 0.5フレーム以内の高精度なタイムコード
・ピークを先読みしてオーバーロードを未然に防ぐAdvancedリミッター
・複数のマイク入力のレベル合わせを自動的に行うZOOMオートミックス機能
・3電源対応:単3電池×4本、SONY製Lシリーズバッテリー、USBモバイルバッテリー
・6イン/4アウト、最高96kHz 対応のUSBオーディオインターフェイスとして使用可能
・内蔵SD カードへの録音と同時に、USBオーディオ出力でPCへのバックアップ録音が可能
・VR マイクを使用した360°空間音声のレコーディングが可能になるAmbisonicモード内蔵
・別売Bluetoothアダプタ「BTA-1」と無償アプリで、iPhone/iPadからF6をリモート操作
・別売ミキサー型コントローラー「F-Control」で、フィジカルなフェーダー操作が可能
・付属品: カメラマウントアダプタ、単3アルカリ電池 ×4本、Cubase LE/WaveLab LEダウンロード・ライセンス
・外形寸法:100 mm(W) x 119.8 mm(D) x 62.9 mm(H) /重量(本体のみ):520 g

 

 

◉製品情報
https://www.zoom.co.jp/ja/products/field-video-recording/field-recording/zoom-f6-multitrack-field-recorder

株式会社ズーム
https://www.zoom.co.jp/