ZOOM、全方位の音を集音するアンビソニックス方式のVRマイクを搭載したハンディレコーダー『H3-VR』を発表


株式会社ズームは、アンビソニックス方式のVRマイクを搭載し、VRコンテンツ用の空間音声(Spatial Audio) の収録が手軽に行えるハンディレコーダー『H3-VR』を10月下旬より発売する。価格はオープン。

『H3-VR』は、従来の左右方向に加えて、上下、奥行きも含む全方位の音を集音するアンビソニックス方式のVRマイクを搭載し、最大120 dB SPLの耐音圧で、最高24-bit/96 kHzのハイレゾ録音が可能。

360°の音をまるごと捉えるアンビソニックス録音により、再生時に音像を回転させたり、楽器や人の声など聴きたい音源のある特定方向のサウンドをステレオで鳴らすなど、VRならではのインタラクティブなオーディオ体験を提供できるという。また、VR映像向けの空間音声(Spatial Audio)として、頭の向きに応じて映像と音声が追従するヘッドトラッキング対応ビデオや、Facebook/YouTubeの360°動画に活用することができる。

◉主な特長
・4つのカプセルを持つ、アンビソニックス方式のVRマイク
・アンビソニックス録音(FuMa / AmbiX / Ambisonics A)、バイノーラル録音、ステレオ録音に対応
・6軸モーションセンサによるマイクポジション自動検出機能
・水平方向に対するマイクの設置角度を確認できる、電子水準器を内蔵
・オーディオインターフェース機能で、パソコンの360°USBマイクとして利用可能
・無償ソフト「ZOOM Ambisonics Player」(PC/Mac対応)を使えば、5.1chサラウンド音声に変換可能
・iOSデバイスからワイヤレスコントロール(Bluetoothアダプター『BTA-1』が別途必要)
・ヘッドフォン端子とラインアウト端子を個別に装備

◉スペック
記録メディア:microSD/microSDHC/microSDXC 規格対応カード(Class 4以上)
電源:単三電池×2、ACアダプター※USB給電対応
外形寸法:76mm(W)× 78mm(D)× 123mm(H)
質量(本体のみ):120g