※このウェビナーは2022年4月27日に開催したものです。

 

本ウェビナーは、「Instagramリール」でCMのようなクオリティのシネマティック・ポートレートムービーを大量に公開している中西拓也さんに、短期間でこのジャンルのトップになっていった戦略をお聞きします。

その撮影技法にも注目! どうしてこれほどのクオリティの映像を量産ができるのか、具体的にどのような機材で、どうやって撮影、編集しているのかを教えていただきます。また、モデルさんの見つけ方、コミュニケーションの取り方など、シネマティック・ポートレートムービーをやってみたいという方に参考になるお話をBTS(Behind the Scene)映像を交えながら解説していきます。

 

 

●本編の動画

本映像は、2022年4月27日に行われたライブ配信のアーカイブとなります。

 

●チャプター

1.自己紹介
2.戦略策定
3.プラットフォーム選定
4.自己分析
5.活動方針
6.撮影スタイル
7.コンセプト
8.機材選定
9.スタイルを確立した瞬間
10.1ヶ月の作業ルーティン
11.1週間の流れ
12.1日の流れ
13.撮影設定・ジンバル操作方法
14.編集とグレーディング
15.モデルさんとのコミュニケーション
16.1年やってみて感じたこと
17.質疑応答

 

●登壇者

中西拓也(動画クリエイター)

1993年岐阜県生まれ。幼少期をイギリスで過ごす。大学進学をきっかけに上京。現在は会社員として勤務する傍ら、「何気ない日常を映画のように」というコンセプトのもと、Instagramを中心にCinematic Portrait作品を投稿。映像/編集は全て独学ながらも1年間でフォロワーは6万人を超え、国内外から注目を集めている。

Instagram     YouTube