シグマがfpフェス2020春を開催。全編SIGMA fpで撮影された短編映画も先行上映。


シグマは2月8日(土)、日比谷国際ビルにおいて「fpフェス2020春」を開催した。SIGMAデジタルカメラユーザーが対象で事前応募。参加は無料。

冒頭、株式会社シグマの山木和人社長が挨拶に立ち、同日にプレス発表された「フルサイズFoveonセンサー搭載カメラの開発状況について」について説明。2018年のフォトキナにおいて、Lマウント採用のフルサイズFoveonセンサー搭載ミラーレスカメラの開発を発表し、「CP+ 2019」では2020年中の発売とご案内していたが、フルサイズFoveon X3センサーの量産化に見通しがつけられていないため、2020年中の発売は不可能であることが見えてきたという。製品化計画について一旦リセットし、センサー技術の開発まで立ち返ってプロジェクトを仕切り直すことにしたという。リリース文はこちらから。

続いて、SIGMA fpの商品企画担当である、畳家久志氏が、「新しいコンセプトカメラができるまで」と題してfp開発ストーリーを語った後、会場からの質疑応答やリクエストを受けた。

fpユーザースペシャルトークとして、UXデザイナーの安藤剛氏が登壇。どういう経過でfpにたどり着いたか、fpをどう使ってるか、デザイナーの目からみたfpのコンセプト、デザインの魅力について語った。

後半は、シグマのブランディングムービーを何作か手がけている映像作家の山中有氏がSIGMA fpとSIGMAレンズで撮影した短編映画『しんしん』を特別先行上映。この映画は今後、カンヌなどの映画祭に出品するため、YouTubeなどにはアップせず、しばらくはイベントのみでの上映になるという。

会場では、SIGMA製品のタッチアンドトライコーナーがあり、各種レンズを装着して試せるようになっていた。

また銀一による特設ブースでは主に動画用のシステム提案が多数展示されていた。Vマウントバッテリーからの電源供給、クロジール社のリグとマットボックス、ワイヤレス音声システムなどのフル装備状態でもこのサイズに収まるというのが魅力。

ATOMOSのNINJA Vと組み合わせたシンプルなシステムも。

4Kに対応したATVのスイッチャーも各種展示。

SIGMAオリジナルグッズの販売も行なっていた。

2月27日から3月1日、パシフィコ横浜で開催されるCP+におけるシグマブースのセミナーなども発表されている。詳しくはこちらから。

https://www.sigma-photo.co.jp/new/2020/01/22/4499/