【連載企画】NANLITE Forzaシリーズで作る!シーンで学べるビューティーライティング 実践テクニックVol.1


映像作家の鈴木佑介さんにNANLITEから登場した大光量の定常光LEDスポットライトForza 720/720Bを中心に使用してコスメ・ビューティーのCF風に作品撮りをしてもらった。今回ハウススタジオで撮影した昼夜ふくめ6つのシーンのライティングを各回1シーンごとに連載企画として紹介していく。

映像・テスト・文●鈴木佑介/構成●編集部 萩原/協力●VANLINKS株式会社、NANLITE

Profile
1979年逗子市生まれ、逗子在住。 日本大学芸術学部映画学科 演技コースを卒業。 在学中に撮られる方(俳優)から撮る方へ興味がシフトし、映像制作の世界へ。 テレビCM制作の撮影スタジオ勤務を経て、2004年からフリーランスの映像作家として活躍中。
WEB:https://www.yusuke-suzuki.jp/

 

DP/EDIT/COLOR●鈴木佑介 MODEL●遥野
Gaffer●中上 歩
ASSISTANT●佐藤祐亮・佐藤綾真
Hair & Makeup●タケイアスカ・河合英明
STYLYST●杉原英理子
PHOTO●大金康平
撮影協力●UTOWA

 

●連載の内容(6月20日より週1で記事を公開)

Vol1.洗面台(ナイトシーン)◀今回の記事

Vol.2 ベッドルーム(ナイトシーン)6月27日公開

Vol.3 洗面台(デイシーン)7月4日公開

Vol.4 リビングでメイク(デイシーン)7月11日公開

Vol.5 リビングでキメカット(デイシーン)7月18日公開

Vol.6 自宅で商品撮影 7月25日公開

 

Forza 720をメインに日中のスタジオ撮影で朝から夜まで多彩なシーンを再現

今回「NANLITE Forzaシリーズを使ってのビューティライティング」をテーマにコスメ・ビューティーCFのような映像を制作することにした。スキンケアからメイクアップまでのコスメ製品を取り扱う「UTOWA」を題材に主人公の女性が夜帰宅してスキンケア→就寝→翌朝のスキンケアからメイクアップして美しく変身する、というストーリーに設定した。
都内のハウススタジオで日中に夜のシーン、夕方に昼のシーンを撮影した。元々は陽の周りを考慮して直射日光が入ってこない時間に夜のシーンを、と思って香盤を作成したが、撮影当日は生憎の曇天からのゲリラ豪雨。そんな悪条件の下での撮影だったが、NANLITE Forzaシリーズのおかげでそんなことを微塵にも感じさせない画の仕上がりになった。使用カメラはソニーFX6にG MASTERレンズ。1/4のブラックミストフィルターを使用して撮影した。それでは各シーンを図解で解説していこう。

▲鈴木さんのライティング解説動画

 

洗面台(ナイトシーン)各ライトの配置とライティングの全体像

▲完成形(冒頭0:33まで)

▲各ライトの配置

 

●各ライトの設定

<Forza 720B>WB:6500K、DIM:35% < FS-300B>WB:6500K、DIM:60% <Forza 60C>WB:1900K、G/M:0、DIM:61% ※②のみDIM:45% <LitoLite 5C、PavoTube Ⅱ 6C>DIM:50%、Hue:170、Sat:100

●カメラの設定

使用カメラ:ソニー FX6 使用レンズ: ソニーFE 35mm F1.4 GM/FE 50mm F1.2 GM/ FE 85mm F1.4 GM S-Log3/S-Gamut.cine ISO:12800 WB:2500K ND:1/45 シャッタースピード:1/100 絞り:F2.2前後

 

冒頭のシーンは洗面台がある広い部屋。窓外の明かりをForza 720B、室内をForza 60Cで作った。カメラの設定は夜の青い光を表現するためにWBを2500Kに。そうすることで高い色温度の光を青くする。その分、室内の明かりや人物に当てる光は低い色温度に設定しないといけない。さらに黄色味を出すためにはカメラのWB設定よりも低い色温度にしなくてはいけないため、Forza 60Bよりも色温度が低く、1800Kまで設定できるForza 60Cが役に立った。

曇天とはいえ、屋外の明かりが入ってくると夜のシーンは作れないので、洗面台の両脇にある大きな窓を屋外に遮光ビニールを貼った枠でテントを作り、その中にForza 720Bを配置(写真①)。白カポックを置いてバウンスさせることで窓から差し込む月明かりを表現した。室内のライティングはメインの光として、洗面台の上と人物の後ろ姿にForza 60Cで照射。鏡に写り込んでくる室内の観葉植物にも同じくForza 60Cで照明を当てた。

本編は9割が手持ち撮影だったので、角度によっては鏡に写ってくるドアの向こうの側にも月明かりが入っているイメージを作りたかったため、外と同じ色の明かりをFS-300Bを壁にバウンスして作り、人物周りの細かいところをLitoLite 5CやPavoTube Ⅱ6Cを使用して仕上げた。

 

①スタジオの窓を遮光。Forza 720Bとフィルターで月明かりを作る

2×2mの枠に遮光ビニールでテントを作り、ふたつの窓を完全遮光。そのテントの中で白カポックにForza 720B+B6フィルターでバウンス。月明かりのような光を作る。Forza 720Bは6500K設定。その光が青い光に見えるようにカメラのWB設定を2700Kに設定した。Aライト1灯を点灯した状態。Bライト2灯を点灯した状態(画像をクリックすると拡大できます)

<BTS>

 

②洗面台の上に人物を照らすスポットライトを配置

洗面台の上にForza60Cでスポットライトを作る。タングステンのような光に見えるようにするため色温度は1800K設定。

<BTS>

③人物の背中にForza 60Cでスポットライト

演者の後ろ姿を見せるために同じくForza60C(1800K)でスポットとして当てる。

<BTS>

 

④鏡に映り込む観葉植物に明かりを当てた

鏡の中に注目してほしい。先程まで暗く沈んでいた鏡に観葉植物が浮かび上がった。Forza 60Cでスポットライトを当て、WBは1800Kに設定した。

<BTS>

 

⑤棚の側面をLitoLiteで照射

棚の側面からLitoLite 5Cを当てて、棚を浮かび上がらせた。WBは2500Kに設定。

<BTS>

 

⑥棚の影にシアンを追加

棚の影に月明かりの照り返しを入れるため、シアンの色に設定したLitoLite 5CとPavoTubeⅡ6Cをカポックや壁にバウンスさせて光を回す。

<BTS>

 

⑦廊下からの月明かりも再現

手持ちで動いて撮るため、廊下につながるドアが鏡に映り込む可能性がある。ドアの向こう側でFS300B(6500K)にB6フィルターをかけて壁にバウンスすることで、廊下からの月明かりも再現した。(クリックで画像拡大できます)

<BTS>

 

●その他の連載の記事

Vol1.洗面台(ナイトシーン)◀今回の記事

Vol.2 ベッドルーム(ナイトシーン)6月27日公開

Vol.3 洗面台(デイシーン)7月4日公開

Vol.4 リビングでメイク(デイシーン)7月11日公開

Vol.5 リビングでキメカット(デイシーン)7月18日公開

Vol.6 自宅で商品撮影 7月25日公開

 

●撮影に使用したNANLITEの製品情報

Forza 720B

https://nanlite.jp/products/forza-720b

Forza 60C

https://nanlite.jp/products/forza-60c

LiteLite 5C

https://nanlite.jp/products/litolite5c

FS-300B

https://nanlite.jp/products/fs-300b