VSW073 個人制作アニメでクリエイティビティを追求 衝撃作『PUPARIA』ができるまで ゲスト:玉川真吾 (『PUPARIA』監督)


VIDEO SALON11月号(10月20日発売)は個人や少人数チームを組んで、アニメーションを手掛けるアニメーターのみなさんの制作フローにフォーカスし、特集をお送りしていきます。

自身の表現を極限まで追求できることは、個人制作アニメーションの大きな魅力のひとつ。
2020年にネット上で公開され、その卓越したクオリティ、抽象的かつ荘厳な世界観から大きな話題を呼んだ『PUPARIA』は、まさにそれを体現した作品と言えるでしょう。


『PUPARIA』場面カット

監督はアニメーターである玉川真吾さん。
制作期間3年を要した本作は、商業のアニメに関わってきた玉川さんが自身のクリエイティビティに満足するまで向き合いたい気持ちから制作が始まったと言います。


『PUPARIA』場面カット

玉川さんの内面世界も色濃く反映された本作の制作過程、個人制作だからこそなし得たというこだわりの制作術や制作環境などを、多数の写真資料を紹介しながらトークショー形式で伺っていきます。

これから個人制作でアニメーションを作ってみたいという方はもちろん、作品をご覧になってさらに理解を深めたい方にもお楽しみいただける内容となっております。


作品の制作前に玉川さんの描いた「さなぎ」のイメージ資料


作品で使用されている線画

●ウェビナーで取り上げる作品

PUPARIA

Film by Shingo Tamagawa
Music by Steve Reich “MALLET QUARTET:1 FAST”

YouTubeにて全編が公開中。8月20日現在、再生回数は248万回を超える。

※応募の締切は9月2日(木)18時30分となります。

※当日、都合により参加できない場合は、翌営業日以降、メールでご連絡するアドレスから1週間限定でアーカイブを視聴することが可能です。

 

●登壇者

玉川真吾
奈良県出身。アニメーター、映像作家。2020年に自主制作のアニメーション作品「PUPARIA」を発表し、ネットを中心に話題を集める。
デジタルとアナログ表現を行き来し、新しい映像表現を模索している。
第7回新千歳空港アニメーション映画祭にて「サッポロビール賞」を受賞。

 

●講座の内容(予定)

1.自己紹介・リアルタイムアンケート

2.『PUPARIA』の上映

3.なぜ『PUPARIA』を作ろうと思ったのか、制作に至るまでの道のり

4.設定画、原画から作品ができるまでを読み解く

5.制作環境の紹介

6.制作フロー、テクニックの紹介

7.ひとつのカットができるまでを収録済みの動画で再現

8.まとめ

9.Q&A

 

※応募の締切は9月2日(木)18時30分となります。

※当日、都合により参加できない場合は、翌営業日以降、メールでご連絡するアドレスから一週間限定でアーカイブを視聴することが可能です。

 

●開催概要

日時:2021年9月2日(木)18時45分(開場)、19時(開演)

参加料金:

「ウェビナー単体受講」税込4,070円

「ウェビナー受講+VIDEO SALON 11月号セット」税込5,500円
※ウェビナー受講と雑誌VIDEO SALON 11月号のセットです。雑誌は2021年10月20日頃にお届けします(到着は地域によって異なります)。

 

当日のタイムテーブル:(進行によって変動します)

19:00-19:05‌ 趣‌旨‌説‌明・登壇者紹介・‌参‌加‌者‌リ‌ア‌ル‌タ‌イ‌ム‌ア‌ン‌ケー‌ト‌

19:05-20:30 講‌演 ‌

20:30-20:35 休‌憩‌ ‌

20:35-20:55 質‌疑‌応‌答‌ ‌

20:55-21:00   お‌し‌ら‌せ・‌閉‌会‌ ‌

 

※応募の締切は9月2日(木)18時30分となります。

❇︎当日、都合により参加できない場合は、翌営業日以降、メールでご連絡するアドレスから1週間限定でアーカイブを視聴することが可能です。

 

●11月号特集「個人・少人数のアニメーターが実践するアニメーション制作の世界」について

漠然とアニメーションを始めてみたいと思いつつも
制作方法がわからず二の足を踏んでいる人は多いのではないかと思います。
特集では個人や少人数で活躍するアニメ―ション作家が
日頃、どのようなプロセスで企画を発想し、
どんなツールを使ってアニメーションを作り上げているのか?
SNSやYouTube等で勢力的に作品を発表している
アニメーターの制作フローにフォーカスします。

 

● ウェビナーご参加の流れ

①Peatixでチケットをご購入(確認メールが届きます)

②Peatixでチケット購入時にお届けする申し込み完了メールにて、ウェビナーへ参加するためのURLをお知らせします。

③受け取ったURLでウェビナーを受講(ウェビナーを利用できる環境をそれまでにご準備ください。動画を視聴する関係上、できましたら回線速度が確保されている有線LANの環境をお勧めします)。また、動画はVimeoなどの関連リンクを事前、もしくは随時提示する場合がありますので、できるだけ大きめのディスプレイが快適です。Vimeoライブの機能としてQ&Aを利用して、講師に質問することも可能です。

④復習、もしくは回線の関係で視聴できなかった場合は、1週間限定で公開されるVimeoのアーカイブ動画をご覧ください(URLの拡散はご遠慮ください)。ウェビナーの翌営業日に参加者の皆様にメールにてご案内いたします。

 

●注意事項

※ウェビナーの録画・スクリーンショットは禁止とさせていただきます。
※スマホのキャリアメールでPeatixからのメールが届かない事例が報告されています。登録はPCメールかGmail、Yahooメール等のフリーメールを推奨します。
※ウェビナーは有線LANで接続したPCでの視聴を推奨します。ご視聴の回線環境によっては動画の解像度やフレームレートが低減する可能性がございます。

 

●主催

玄光社 VIDEO SALON編集部/サロン・エージェンシー

 

●問い合わせ先

VIDEO SALON WEBINAR事務局
seminar@genkosha.co.jp(メール)

 

 

●●VIDEO SALON WEBINARの動画を販売中!●●